Latest Highlights View All

Con-Techで解体工事の安全を広げる「鳶浩工業」CAMPFIRE Angels第6号案件

Funding

株式型クラウドファンディング(以下「ECF」という。)のCAMPFIRE Angelsの第6号案件、鳶浩工業が5月28日~6月10日を申込期間として株式を募集。2,460万円の調達に成功した。

鳶浩工業は、2013年4月の設立。「CON-TECH(コンストラクション・テック)で、安全性に優れる工事現場を社会に広げること」をミッションとし、主として解体工事にかかる技術開発及び当該技術を活用した施工並びに現場指導を特徴としている。

高度経済成長期に建設された老朽化ビルが急増し、解体工事市場は急拡大する一方、解体工事現場では破片等の飛散に伴う事故も多発している。その大きな原因の一つは、飛散を防ぐ「屋根養生」が、高コストのため、多くの現場で利用されていないこと。鳶浩工業では、独自技術「Cage System」(特許第6879613号)により、「屋根養生」の作業効率を飛躍的に向上。コストダウンに成功した。Cage Systemを利用した解体工事については、今年初めて大手ゼネコンからも受注。今後、「屋根養生」が法律で義務化されれば、Cage Systemの需要はさらに拡大すると考えられている。鳶浩工業では、全国にパートナーを広げ、Cage Systemを社会に普及させるビジネスモデルで、安全な解体工事現場の普及に尽力しているところだ。

CAMPFIRE Angelsで紹介されている鳶浩工業の事業を要約すると以下の通りである。

解決を目指す社会の課題

解体工事現場の破片や塵の飛散を防ぎ……

Keep Reading

株式型クラウドファンディング(以下「ECF」という。)のCAMPFIRE Angelsの第6号案件、鳶浩工業が5月28日~6月10日を申込期間として株式を募集。2,460万円の調達に成功した。

鳶浩工業は、2013年4月の設立。「CON-TECH(コンストラクション・テック)で、安全性に優れる工事現場を社会に広げること」をミッションとし、主として解体工事にかかる技術開発及び当該技術を活用した施工並びに現場指導を特徴としている。

高度経済成長期に建設された老朽化ビルが急増し、解体工事市場は急拡大する一方、解体工事現場では破片等の飛散に伴う事故も多発している。その大きな原因の一つは、飛散を防ぐ「屋根養生」が、高コストのため、多くの現場で利用されていないこと。鳶浩工業では、独自技術「Cage System」(特許第6879613号)により、「屋根養生」の作業効率を飛躍的に向上。コストダウンに成功した。Cage Systemを利用した解体工事については、今年初めて大手ゼネコンからも受注。今後、「屋根養生」が法律で義務化されれば、Cage Systemの需要はさらに拡大すると考えられている。鳶浩工業では、全国にパートナーを広げ、Cage Systemを社会に普及させるビジネスモデルで、安全な解体工事現場の普及に尽力しているところだ。

……

Keep Reading

Go to Top