Latest Highlights View All

フォグコンピューティングとエッジコンピューティングとは何か?

IoT
フォグコンピューティングとエッジコンピューティングとは何か?

IoT技術の発展とともに聞くことが多くなった「フォグコンピューティング」と「エッジコンピューティング」という言葉。どちらも今後のIoTの普及において必要とされる概念であって、似たような意味で使われることもある。

しかし、フォグコンピューティングとエッジコンピューティングは似ているようで異なる点が多くあるので、具体的にどのように違うのか、そしてそれらがどのようにIoTに関わってくるのか、IoTにより今後どのように世界が変わっていくのかなどを解説してみる。

フォグコンピューティングとエッジコンピューティングが注目される背景

フォグコンピューティングとエッジコンピューティングという概念が広がり始めた理由として、クラウドの処理能力の限界という点がある。Ciscoによると、スマートフォンやIoT機器の普及により、2020年には500億個を超えるさまざまなデバイスがインターネットに接続されると予想している。

デバイスの数はその後もさらに増大していくことが予想され、これらの機器から送られるデータがすべてクラウドのサーバに送られれば、やがて処理できないほどのデータ量になると考えられる。また、通信の速度はサーバとの距離に比例して長くかかることになるため、医療や災害の対応など即時性が求められるシステムでは、対応が遅れる懸念も出てくる。

さらに、クラウドとの通信障害が発生した場合は、各デバイスはデータを送れず、処理された応答もなくなるので何もできない状態になってしまう。このような問題を解決する方法として出てきたのがフォグコンピューティング……

Keep Reading

IoT技術の発展とともに聞くことが多くなった「フォグコンピューティング」と「エッジコンピューティング」という言葉。どちらも今後のIoTの普及において必要とされる概念であって、似たような意味で使われることもある。

しかし、フォグコンピューティングとエッジコンピューティングは似ているようで異なる点が多くあるので、具体的にどのように違うのか、そしてそれらがどのようにIoTに関わってくるのか、IoTにより今後どのように世界が変わっていくのかなどを解説してみる。

フォグコンピューティングとエッジコンピューティングが注目される背景

フォグコンピューティングとエッジコンピューティングという概念が広がり始めた理由として、クラウドの処理能力の限界という点がある。Ciscoによると、スマートフォンやIoT機器の普及により、2020年には500億個を超えるさまざまなデバイスがインターネットに接続されると予想している。

デバイスの数はその後もさらに増大していくことが予想され、これらの機器から送られるデータがすべてクラウドのサーバに送られれば、やがて処理できないほどのデータ量になると考えられる。また、通信の速度はサーバとの距離に比例して長くかかることになるため、医療や災害の対応など即時性が求められるシステムでは、対応が遅れる懸念も出てくる。

さら……

Keep Reading

Go to Top