Digital Signage

商業施設でのサイネージ広告商品のあり方

デジタルサイネージの広告は、柱巻きポスターや垂れ幕などの媒体とは異なり、変動費が非常に小さい。そのため、広告の価格設計では、まったく違う考え方が必要となる。商業施設では、広告の価格と売上以上に大きなメリットに注目したい。 Keep Reading

Latest Highlights View All

商業施設でのサイネージ広告商品のあり方

Digital Signage

商業施設では新築時にデジタルサイネージを設置することが当たり前となった。イベントやセールの案内などの販促を行ったり、タッチパネルで館内の案内を行ったりしているほか、最近ではレストランやトイレの混雑状況を案内するものもある。また、主たる目的は販促のままだが、デジタルサイネージを数十面も設置するとモールにとって費用負担も大きいため、それを軽減するためにロールの一部を広告枠とし、その売上に期待するケースも増えている。もともと多くの商業施設では、デジタルサイネージ以外にも、柱巻きポスターや垂れ幕、フードコートのテーブルや紙コップ、エレベーター前ボードなど、大小様々なスペースやモノを広告面として提供している。それらの延長線上に、販促用サイネージでも広告を表示したいというのは自然な流れといえる。しかし、デジタルサイネージは、それらの媒体と比べて特性が大きく異なるため、「柱巻きが1面2週間で5万円だから」と、それらに合わせて広告設計を行うのは好ましくない。特性に合わせた設計が必要だ。

商業施設の運営者側からみて、柱巻きポスターや垂れ幕などのアナログ媒体とデジタルサイネージとの一番大きな違いは、費用における固定費と変動費の割合である。柱巻きや垂れ幕は、すでにある空きスペースや設備を使うために基本的に固定費はゼロだが、印刷や設置など面数や更新頻度に応じた変動費は大きい。そのため、必要な経費に手数料を乗せた価格体系となることが多い。一方でデジタルサイネージは、機材の減価償却や運営が固定費となる一方で、面数や更新頻度での変動費は極めて小さい。コスト積み上げ式の価格設計ではなく、細……

Keep Reading

商業施設では新築時にデジタルサイネージを設置することが当たり前となった。イベントやセールの案内などの販促を行ったり、タッチパネルで館内の案内を行ったりしているほか、最近ではレストランやトイレの混雑状況を案内するものもある。また、主たる目的は販促のままだが、デジタルサイネージを数十面も設置するとモールにとって費用負担も大きいため、それを軽減するためにロールの一部を広告枠とし、その売上に期待するケースも増えている。もともと多くの商業施設では、デジタルサイネージ以外にも、柱巻きポスターや垂れ幕、フードコートのテーブルや紙コップ、エレベーター前ボードなど、大小様々なスペースやモノを広告面として提供している。それらの延長線上に、販促用サイネージでも広告を表示したいというのは自然な流れといえる。しかし、デジタルサイネージは、それらの媒体と比べて特性が大きく異なるため、「柱巻きが1面2週間で5万円だから」と、それらに合わせて広告設計を行うのは好ましくない。特性に合わせた設計が必要だ。

商業施設の運営者側からみて、柱巻きポスターや垂れ幕などのアナログ媒体とデジタルサイネージとの一番大きな違いは、費用における固定費と変動費の割合である。柱巻きや垂れ幕は、すでにある空きスペースや設備を使うために基本的に固定費はゼロだが、印刷や設置など面数や更新頻度に応じた変動費は大きい。そのため、……

Keep Reading

Go to Top