Latest Highlights View All

AIデジタルサイネージが駅の当たり前になる?

AI/Digital Signage/IoT

AIデジタルサイネージの「AIさくらさん」が、JR品川駅に再登場した。2018年末から2019年3月まで「案内AIみんなで育てようプロジェクト」のフェーズ1が行われたが、8月5日から11月10日までの予定でフェーズ2がスタートしたのだ。

品川駅はJR東日本の在来線、JR東海の新幹線、京急線などが乗り入れる東京の玄関口になっている。羽田空港も近く、最近ではビジネスマンだけでなく、旅行者も多く訪れるプラットフォームとして賑わっている。実際、品川駅の乗車人員は日本国内第6位になり、朝晩のラッシュ時には人があふれ大混雑している。

品川駅は港南口と高輪口に分かれているが、港南側には改札がないため、港南口に出るためには長いコンコースを歩く必要がある。両出口周辺には買い物や宿泊施設も多く、駅ナカ・駅チカには似たようなショップやレストランも多く、駅員の案内業務が課題になっていた。

最近では、JR東日本グループの人手不足も深刻で、駅員の負荷を減らすため、乗客の質問に答えるAIデジタルサイネージを設置したのだ。今回の実証実験では、乗客の質問内容に基づきAIが学習し、案内の精度向上をはかることが目的になっている。ただでさえ多い業務に加えて、日々増加するインバウンド対応が駅員の負担になっている。飲食店や売店、トイレの場所などの簡単な質問は、AIサイネージが担当すれば、駅員は本来やるべき重要な仕事に専念できる。

今回、JR品川駅の他にも、東京駅、新宿駅、池袋駅、横浜駅、東京モノレールの羽田空港国際線ビル駅など8駅30……

Keep Reading

AIデジタルサイネージの「AIさくらさん」が、JR品川駅に再登場した。2018年末から2019年3月まで「案内AIみんなで育てようプロジェクト」のフェーズ1が行われたが、8月5日から11月10日までの予定でフェーズ2がスタートしたのだ。

品川駅はJR東日本の在来線、JR東海の新幹線、京急線などが乗り入れる東京の玄関口になっている。羽田空港も近く、最近ではビジネスマンだけでなく、旅行者も多く訪れるプラットフォームとして賑わっている。実際、品川駅の乗車人員は日本国内第6位になり、朝晩のラッシュ時には人があふれ大混雑している。

品川駅は港南口と高輪口に分かれているが、港南側には改札がないため、港南口に出るためには長いコンコースを歩く必要がある。両出口周辺には買い物や宿泊施設も多く、駅ナカ・駅チカには似たようなショップやレストランも多く、駅員の案内業務が課題になっていた。

最近では、JR東日本グループの人手不足も深刻で、駅員の負荷を減らすため、乗客の質問に答えるAIデジタルサイネージを設置したのだ。今回の実証実験では、乗客の質問内容に基づきAIが学習し、案内の精度向上をはかることが目的になっている。ただでさえ多い業務に加えて、日々増加するインバウンド対応が駅員の負担になっている。飲食店や売店、トイレの場所などの簡単な質問は……

Keep Reading

Go to Top