AIを用いた技術継承その問題点と解決策(後編)
AI

建築・製造業でのAIを用いた技術継承

製造業や建設業、農業などの一次・二次産業では、熟練作業者の技術を次の世代に継承していくことが急務になっている。しかし、人手不足や技術継承には時間がかかることから、思うようには進んでいない。そこで最近は、AIテクノロジーを活用した取り組みが行われるようになってきた。将来的に人手不足による技術継承の問題は解消され、短期間で熟練作業者と同様の技術を身に付けたり、継承したデータを基に精度の高い製品を自動で作り出したりすることができるようになるかもしれない。 Keep Reading

Latest Highlights View All

建築・製造業でのAIを用いた技術継承

AI
AIを用いた技術継承その問題点と解決策(後編)

製造業や建設業、農業などの一次・二次産業では、熟練作業者の技術を次の世代に継承していくことが急務になっている。しかし、人手不足や技術継承には時間がかかることから、思うようには進んでいない。そこで最近は、AIテクノロジーを活用した取り組みが行われるようになってきた。将来的に人手不足による技術継承の問題は解消され、短期間で熟練作業者と同様の技術を身に付けたり、継承したデータを基に精度の高い製品を自動で作り出したりすることができるようになるかもしれない。

「匠」の技術をデータ化する

大工の世界では、師匠に弟子入りして、見習いから始め、技術を習うのではなく盗んで成長するという封建的な徒弟制度が長らく続いてきた。頑固で口数の少ない大工の棟梁というのは職人の美学のように讃えられることもあるが、技術が言語化されないことで暗黙知・経験則のままでとどまってしまい、技術継承を困難にしている点では農業と同じだ。

実際に建設現場では、農業同様、棟梁の高齢化という問題が起きている。高齢の棟梁が若い弟子ではなく、短期雇用の若者や外国人労働者を引き連れて現場に現れることもよく見る風景になっている。頭数を揃えるだけならそれでもいいが、建築のエキスパートとして大工の技術を継承するという意味では非常に危機的な状況といえる。

このことは典型的な職人の世界に限ったことではなく、製造業の企業に所属する職人的技術者にも同じような傾向が見られる。

センサーとAIによる解析

そこで、センサーとAIを使って棟梁の持つ「匠の技」を解析して継承していこう、という発想が出……

Keep Reading

製造業や建設業、農業などの一次・二次産業では、熟練作業者の技術を次の世代に継承していくことが急務になっている。しかし、人手不足や技術継承には時間がかかることから、思うようには進んでいない。そこで最近は、AIテクノロジーを活用した取り組みが行われるようになってきた。将来的に人手不足による技術継承の問題は解消され、短期間で熟練作業者と同様の技術を身に付けたり、継承したデータを基に精度の高い製品を自動で作り出したりすることができるようになるかもしれない。

「匠」の技術をデータ化する

大工の世界では、師匠に弟子入りして、見習いから始め、技術を習うのではなく盗んで成長するという封建的な徒弟制度が長らく続いてきた。頑固で口数の少ない大工の棟梁というのは職人の美学のように讃えられることもあるが、技術が言語化されないことで暗黙知・経験則のままでとどまってしまい、技術継承を困難にしている点では農業と同じだ。

実際に建設現場では、農業同様、棟梁の高齢化という問題が起きている。高齢の棟梁が若い弟子ではなく、短期雇用の若者や外国人労働者を引き連れて現場に現れることもよく見る風景になっている。頭数を揃えるだけならそれでもいいが、建築のエキスパートとして大工の技術を継承するという意味では非常に危機的な状況といえる。

このことは典型的な職人の世界に限ったことではな……

Keep Reading

Go to Top