Digital Signage

オープンソースハードウェアで実現するダイナミックデジタルサイネージ

これからのデジタルサイネージでは、ネットとつながり、無線機能も備えたIoTゲートウェイが設けられていく。このIoTゲートウェイには、温度、湿度、紫外線などを測定する施設の外に設置されたセンサーデバイスから各データが送られる。IoTゲートウェイは、これらのセンサーデバイスから送られてくるデータと、たとえばネットから得られた気象情報から判断して、施設内の店舗で販売されている商品のオススメ情報をリアルタイムで発信するようになる。 Keep Reading

Latest Highlights View All

AI/Media

【IBC2020】Vol.03 LIVE CONTENT MODERATION

ライブ・コンテンツ・モデレーション・アクセラレーター・プロジェクトの目的は、ライブ放送のコンテンツに対してリアルタイムでAI主導でコンテンツ…

オープンソースハードウェアで実現するダイナミックデジタルサイネージ

Digital Signage

街中でよく見かけるようになったデジタルサイネージ。写真や動画が次々と映し出され、何台ものデジタルサイネージが同期して映像が切り替わるようなものもあれば、タッチパネルによる案内や、センサーで人の接近を感知して内容が切り替わるものなど、さまざまな用途で使われ、日々進化している。今回はデジタルサイネージの仕組みや使用例を解説するとともに、オープンソースハードウェアを使うことでデジタルサイネージはどう変わったのか、どのように発展していくのかについて考える。

デジタルサイネージの昔と今

デジタルサイネージは電子看板ともいわれ、屋外、屋内を問わず、ディスプレイなどのデジタル表示機器を用いて情報を発信するシステムを総称してそのように呼ばれている。ビルに取り付けられた大型のものから、カウンターに置いてある小型のものまでさまざまなサイズのものがある。大きいものでも小さいものでも基本的な構成はあまり変わらず、ディスプレイとPCなどを使った映像やネットワークを制御する装置を持っている。また、必要に応じてスピーカーやテレビチューナーなどの各種機器も取り付けられていて、紙によるポスターと比べて貼り換える費用がかからず、多くの情報を発信することが可能だ。

デジタルサイネージとしては、従来は単純に文字や写真をスライドショーで表示したり、広告用の動画を流し続けたりするだけのものが一般的だった。例えば、専用の操作盤でデータを入力して表示したり、ディスプレイに接続されたDVDプレーヤーに写真や動画の入ったディスクを入れてエンドレスで流し続けたりするものなどがある。近年になると、デ……

Keep Reading

街中でよく見かけるようになったデジタルサイネージ。写真や動画が次々と映し出され、何台ものデジタルサイネージが同期して映像が切り替わるようなものもあれば、タッチパネルによる案内や、センサーで人の接近を感知して内容が切り替わるものなど、さまざまな用途で使われ、日々進化している。今回はデジタルサイネージの仕組みや使用例を解説するとともに、オープンソースハードウェアを使うことでデジタルサイネージはどう変わったのか、どのように発展していくのかについて考える。

デジタルサイネージの昔と今

デジタルサイネージは電子看板ともいわれ、屋外、屋内を問わず、ディスプレイなどのデジタル表示機器を用いて情報を発信するシステムを総称してそのように呼ばれている。ビルに取り付けられた大型のものから、カウンターに置いてある小型のものまでさまざまなサイズのものがある。大きいものでも小さいものでも基本的な構成はあまり変わらず、ディスプレイとPCなどを使った映像やネットワークを制御する装置を持っている。また、必要に応じてスピーカーやテレビチューナーなどの各種機器も取り付けられていて、紙によるポスターと比べて貼り換える費用がかからず、多くの情報を発信することが可能だ。

デジタルサイネージとしては、従来は単純に文字や写真をスライドショーで表示したり、広告用の動画を流し続けたりするだけのものが……

Keep Reading

Go to Top