IoT

IoTによるビジネス変革の波。先に作った者が勝ち、遅れた者が消えていく世界

多くの場面で目にするようになったIoTという言葉。モノのインターネットということで、家電や車などの何らかの「モノ」と「インターネット」が接続されて何かが起こる……そんなボンヤリとしたイメージはすぐに浮かぶと思う。ここで改めて、IoTとはどのようなものであるか整理してみる。 Keep Reading

Latest Highlights View All

IoT

羽田空港でも顔認証決済スタート

羽田空港では日本航空株式会社(以下、JAL)と日本電気株式会社(以下、NEC)による顔認証決済の実証実験がスタートする。実証実験が行われるのは、J…

IoTによるビジネス変革の波。先に作った者が勝ち、遅れた者が消えていく世界

IoT

多くの場面で目にするようになったIoTという言葉。モノのインターネットということで、家電や車などの何らかの「モノ」と「インターネット」が接続されて何かが起こる……そんなボンヤリとしたイメージはすぐに浮かぶと思う。ここで改めて、IoTとはどのようなものであるか整理してみる。

IoTに必要な要素は以下の3つが挙げられる。

データの収集やフィードバックを行うセンサーや情報端末などのデバイス ネットワークとのデータのやりとりを行うゲートウェイ データを蓄積、解析するクラウド

デバイスにより収集されたデータはゲートウェイによりクラウドに蓄積される。蓄積されたデータはAI(人工知能)などにより解析され、その結果が再びゲートウェイを介してデバイスに伝えられる。デバイスでは解析結果に従い情報が表示されたり、モノが動作するなど何らかのフィードバックが行われる。

従来は人の手によりデータを収集し、それを解析して人の手によりフィードバックを行ってきた。しかし、IoTではモノがデータを収集する機能(デバイス)と通信する機能(ゲートウェイ)を持つことで、人から与えられたデータだけでなく、モノ自体が自動的にデータを取得しクラウドへ蓄積。それを解析することで、今まで人の手だけでは得られなかったモノの動きを知ることが可能となり、モノが自ら何らかのフィードバックを起こすことが可能となった。これにより、モノの状態を高い精度で予測し、人が従来行っていたさまざまな作業をIoTに切り替え削減することができるようになるのである。

既に使われはじめ、広がり続けるI……

Keep Reading

多くの場面で目にするようになったIoTという言葉。モノのインターネットということで、家電や車などの何らかの「モノ」と「インターネット」が接続されて何かが起こる……そんなボンヤリとしたイメージはすぐに浮かぶと思う。ここで改めて、IoTとはどのようなものであるか整理してみる。

IoTに必要な要素は以下の3つが挙げられる。

データの収集やフィードバックを行うセンサーや情報端末などのデバイス ネットワークとのデータのやりとりを行うゲートウェイ データを蓄積、解析するクラウド

デバイスにより収集されたデータはゲートウェイによりクラウドに蓄積される。蓄積されたデータはAI(人工知能)などにより解析され、その結果が再びゲートウェイを介してデバイスに伝えられる。デバイスでは解析結果に従い情報が表示されたり、モノが動作するなど何らかのフィードバックが行われる。

従来は人の手によりデータを収集し、それを解析して人の手によりフィードバックを行ってきた。しかし、IoTではモノがデータを収集する機能(デバイス)と通信する機能(ゲートウェイ)を持つことで、人から与えられたデータだけでなく、モノ自体が自動的にデータを取得しクラウドへ蓄積。それを解析することで、今まで人の手だけでは得られなかったモノの動きを知ることが可能となり、モノが自ら何らかのフィードバックを……

Keep Reading

Go to Top