Digital Signage

サイネージを異型にするメリットと運用

近年の液晶モニターは、アスペクト比16:9が定形となっている。しかし、商業施設などで映像を活用するにあたっては、必ずしもそれが最適な形状とは限らない。写真や絵画、アナログ時計などに模したかたちで映像を使いたいときにも、16:9の比率が普段見ているテレビやPCモニターを想起させてしまい(実際に同じ装置なのだが)、演出を阻害してしまう。そのようなときは、さまざまな形状やレイアウトに設置できるLEDディスプレイを使うほか、液晶モニターでもアスペクト比の異なるものを活用したり、画面の一部をマスクして表示領域の形状を変えたりして映像を活用する。 Keep Reading

Latest Highlights View All

サイネージを異型にするメリットと運用

Digital Signage

近年の液晶モニターは、アスペクト比16:9が定形となっている。しかし、商業施設などで映像を活用するにあたっては、必ずしもそれが最適な形状とは限らない。写真や絵画、アナログ時計などに模したかたちで映像を使いたいときにも、16:9の比率が普段見ているテレビやPCモニターを想起させてしまい(実際に同じ装置なのだが)、演出を阻害してしまう。そのようなときは、さまざまな形状やレイアウトに設置できるLEDディスプレイを使うほか、液晶モニターでもアスペクト比の異なるものを活用したり、画面の一部をマスクして表示領域の形状を変えたりして映像を活用する。

いくつか例をあげる。

東京・銀座の複合商業施設「GINZA SIX」では、フロアマップや各フロア案内を2つの液晶モニターを並べて表示しているが、内装に合わせ、あえて一部をマスクして表示領域を平行四辺形にしている。これによって、モニターらしさを軽減するとともに、施設の来訪者は一度でもこれを見れば「この平行四辺形のモニターはフロア案内である」と理解できるようになっている。建物内に広告や販促、案内などのさまざまな映像があふれるなか、モニターの形状で役割を明示するのは、一目で理解できてとてもわかりやすい。サインとしての機能を高めるには、映像を工夫するよりも、設置……

Keep Reading

近年の液晶モニターは、アスペクト比16:9が定形となっている。しかし、商業施設などで映像を活用するにあたっては、必ずしもそれが最適な形状とは限らない。写真や絵画、アナログ時計などに模したかたちで映像を使いたいときにも、16:9の比率が普段見ているテレビやPCモニターを想起させてしまい(実際に同じ装置なのだが)、演出を阻害してしまう。そのようなときは、さまざまな形状やレイアウトに設置できるLEDディスプレイを使うほか、液晶モニターでもアスペクト比の異なるものを活用したり、画面の一部をマスクして表示領域の形状を変えたりして映像を活用する。

いくつか例をあげる。

東京・銀座の複合商業施設「GINZA SIX」では、フロアマップや各フロア案内を2つの液晶モニターを並べて表示しているが、内装に合わせ、あえて一部をマスクして表示領域を平行四辺形にしている。これによって、モニターらしさを軽減するとともに、施設の来訪者は一度でもこれを見れば「この平行四辺形のモニターはフロア案内である」と理解できるようになっている Keep Reading

Go to Top