Latest Highlights View All

米国でパンケーキを食べながら合理主義と幸福について考える

IoT

米国へ出張した時のこと。滞在したホテルが朝食なしの素泊まりプランだったので、近所にあるファミリーレストランへ毎朝のように通った。

その初日、メニューを読むと、モーニングセットは大きく3つのカテゴリーで構成されている。まず卵料理。これは自由なスタイルが選べると書かれている。付け合わせは、じゃがいも炒め、ハッシュドポテト、またはフルーツ。次に肉類、これはベーコン、豚肉のソーセージ、または七面鳥のソーセージ。そして炭水化物は、パンケーキ、ビスケット、マフィン、コーヒーケーキ、クロワッサン、トーストの中から選べる。あとは、コーヒーか紅茶が付いている。朝から随分とボリュームのある内容だ。

卵料理の「自由なスタイル」というのが少し引っ掛かるが、まあ尋ねてみれば分かるはず。そこで店員を呼んでみたら、やはり卵料理を選べ、という。「何があるのか」と質問すると、即座に表情が曇って、ゆで卵かスクランブルエッグの二者択一。次に肉類、ここはベーコンかソーセージから選べというので、「七面鳥のソーセージはあるか?」というと、ますます雲行きが怪しい。

付け合わせは、ポテトかフルーツ。これはあっさり選べたが、次の炭水化物で大きく躓く。パンケーキかマフィン、他はないという。「コーヒーケーキって何?」と質問したら、「コーヒーのケーキだ」と。そこで「うーん」と数秒でも逡巡したら、「またあとで来るから、決めておいて」と他の席に飛んで行ってしまった。
すなわち、メニューの記載内容からはそれほど逸脱していないものの、店員によってカテゴリーは4つに再整理され、順番は……

Keep Reading

米国へ出張した時のこと。滞在したホテルが朝食なしの素泊まりプランだったので、近所にあるファミリーレストランへ毎朝のように通った。

その初日、メニューを読むと、モーニングセットは大きく3つのカテゴリーで構成されている。まず卵料理。これは自由なスタイルが選べると書かれている。付け合わせは、じゃがいも炒め、ハッシュドポテト、またはフルーツ。次に肉類、これはベーコン、豚肉のソーセージ、または七面鳥のソーセージ。そして炭水化物は、パンケーキ、ビスケット、マフィン、コーヒーケーキ、クロワッサン、トーストの中から選べる。あとは、コーヒーか紅茶が付いている。朝から随分とボリュームのある内容だ。

卵料理の「自由なスタイル」というのが少し引っ掛かるが、まあ尋ねてみれば分かるはず。そこで店員を呼んでみたら、やはり卵料理を選べ、という。「何があるのか」と質問すると、即座に表情が曇って、ゆで卵かスクランブルエッグの二者択一。次に肉類、ここはベーコンかソーセージから選べというので、「七面鳥のソーセージはあるか?」というと、ますます雲行きが怪しい。

付け合わせは、ポテトかフルーツ。これはあっさり選べたが、次の炭水化物で大きく躓く。パンケーキかマフィン、他はないという。「コーヒーケーキって何?」と質問したら、「コーヒーのケーキだ」と。そこで「うーん」と数秒でも逡巡し……

Keep Reading

Go to Top