IoT

平成というインターネットのカンブリア紀を超えて「令和」時代のネットを考える

現在のネット利用を振り返って見ると、なぜ私達は特定の窓ごしに「しか」ネットを利用できないのか、ということに気づくはずだ。これだけネットによる生活の便益が増した以上、むしろ「窓」は私達を制限する邪魔ものであるとも言えないだろうか--GASKETはそんなことを考えている。 Keep Reading

Latest Highlights View All

平成というインターネットのカンブリア紀を超えて「令和」時代のネットを考える

IoT

平成が終わり、令和が始まった。

日本の元号とインターネットの歴史に関係があるはずもないのだが、不思議なもので、平成の30年間はインターネットが人類に普及する30年でもあった。

インターネットの歴史に関する記録にはいろいろなアプローチが存在するが、平成元年、つまり1989年当時を振り返るには、やはりJPNICがまとめた「インターネット歴史年表」が参考になる。

これを紐解くと、1980年代前半は、日本の学術組織を中心として構成されたコンピュータネットワークであるJUNET(Japan/Japanese University NETwork)の設立をはじめとして、水面下で動き始めた日本のインターネットが、徐々に海外ネットワークとの相互接続を開始した時期である。

そうした積み重ねの結果、1989年は日本のドメイン名(今日におけるトップレベルドメイン)が”.jp”に決まり、それに伴ってIPアドレスの割当が始まった年となった。ほぼ完全に偶然ではあるのだが、日本におけるインターネットは、正しく平成元年からスタートしたといえる。

1989年はもう一つ、興味深い年でもある。当時は欧州原子核研究機構(CERN)に在籍していたTim Berners-Leeが、HTML(HyperText Markup Language)の原形となる提案を公開した。多くの方がご存じの通り、スマートフォン向けのアプリを含め、ネットサービスのほとんどは、WWWの技術を用いて作られている。

Keep Reading

平成が終わり、令和が始まった。

日本の元号とインターネットの歴史に関係があるはずもないのだが、不思議なもので、平成の30年間はインターネットが人類に普及する30年でもあった。

インターネットの歴史に関する記録にはいろいろなアプローチが存在するが、平成元年、つまり1989年当時を振り返るには、やはりJPNICがまとめた「インターネット歴史年表」が参考になる。

これを紐解くと、1980年代前半は、日本の学術組織を中心として構成されたコンピュータネットワークであるJUNET(Japan/Japanese University NETwork)の設立をはじめとして、水面下で動き始めた日本のインターネットが、徐々に海外ネットワークとの相互接続を開始した時期である。

そうした積み重ねの結果、1989年は日本のドメイン名(今日におけるトップレベルドメイン)が”.jp”に決まり、それに伴ってIPアドレスの割当が始まった年となった。ほぼ完全に偶然ではあるのだが、日本におけるインターネットは、正しく平成元年からスタートしたといえる。

1989年はもう一つ、興味深い年でもある。当時は欧州原子核研究機構(CERN)に在籍していたTim Berners-Leeが、HTML(HyperText ……

Keep Reading

Go to Top