Media

【CES2019】Vol.09 好むと好まざるとにかかわらず8Kが普及する理由

テレビの60年を超える歴史の中で、地デジまでは「制作、伝送、表示」が主に制度によって三位一体で進化を遂げてきた。ところが10年ほど前からこれがそれぞれバラバラに動くようになってしまっている。カメラとディスプレイの4K化が先行し、ポスプロがそれを追いかけ、伝送路がネットで現実味を帯びてくると、最後に放送制度が4Kに対応した。途中から8Kがこれに加わり、4K8K放送が衛星でスタートしたのが2018年の12月である。 Keep Reading

Latest Highlights View All

【CES2019】Vol.09 好むと好まざるとにかかわらず8Kが普及する理由

Media

筆者は8Kに関してはどの部分を見てた話をするかによって普及すると言えるし、普及しないとも言えると見ている。CESでは昨年以上に、8Kテレビ(もちろんディスプレイという意味だ)が中国や韓国メーカーから積極的にアピールされていた。それもお祭り騒ぎ的ではなく、粛々とごくごく当たり前のようにだ。

例によって煽り気味に書く。テレビの60年を超える歴史の中で、地デジまでは「制作、伝送、表示」が主に制度によって三位一体で進化を遂げてきた。ところが10年ほど前からこれがそれぞれバラバラに動くようになってしまっている。カメラとディスプレイの4K化が先行し、ポスプロがそれを追いかけ、伝送路がネットで現実味を帯びてくると、最後に放送制度が4Kに対応した。途中から8Kがこれに加わり、4K8K放送が衛星でスタートしたのが2018年の12月である。

中国マーケットが8Kを牽引する
液晶パネルの製造の大部分は中国で行われている。そして14億を超える人口を背景に、一定数以上の富裕層が大型で高解像度な8Kテレビを選択する。このためパネルの製造ラインはじきに8K中心になりっていくだろう。こうした市場を牽引するのは中国に加えて今後やインドやインドネシアなどにも波及する。

8Kカメラは準備OK
先日シャープが8Kのカメラを発表した。内容から見て映画やテレビの制作現場で使えるようなレベルのものでは決して無い。運動会カメラとまでは言わないが、前述したような層が使うようなものと見るべきだ。4Kがそうであったように、スマホのカメラが8K化……

Keep Reading

筆者は8Kに関してはどの部分を見てた話をするかによって普及すると言えるし、普及しないとも言えると見ている。CESでは昨年以上に、8Kテレビ(もちろんディスプレイという意味だ)が中国や韓国メーカーから積極的にアピールされていた。それもお祭り騒ぎ的ではなく、粛々とごくごく当たり前のようにだ。

例によって煽り気味に書く。テレビの60年を超える歴史の中で、地デジまでは「制作、伝送、表示」が主に制度によって三位一体で進化を遂げてきた。ところが10年ほど前からこれがそれぞれバラバラに動くようになってしまっている。カメラとディスプレイの4K化が先行し、ポスプロがそれを追いかけ、伝送路がネットで現実味を帯びてくると、最後に放送制度が4Kに対応した。途中から8Kがこれに加わり、4K8K放送が衛星でスタートしたのが2018年の12月である。

Keep Reading

Go to Top