Category archive

Media

【InterBEE2019】Vol.05 パッションテックをInterBEEで語る意義

Media

パッションテックという言葉を聞いたことがあるだろうか。事業ドメインに“自分がいちばん情熱を掛けられること”を据え、世界中で利用されるサービスを目指し会社を立ち上げ、資金調達を成功させているパッションテックの事例が増えている。ニッチであったとしても熱量がある世界中の人をつなげば市場になる。

「パッションテックが新たなメディア・コミュニティの可能性を拓く」と題したセッションではパッションテックを仕掛けるスタートアップであるvivit株式会社
代表取締役の水谷寿美氏、株式会社リブルー 代表取締役の岡田秀之氏と、そこに投資判断をするグロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナーの高宮慎一氏が登壇した。モデレーターは株式会社インクワイア 代表取締役のモリジュンヤ氏である。

株式会社インクワイア 代表取締役のモリジュンヤ氏

水谷氏は、

「hinataには月間250万人ほどのアウトドア、キャンプ好きな人が集まっている。これまでは雑誌の成熟度とスタッフのレベルが上がりすぎていて、初心者が入り込みにくい環境にあったので、hinataではマニアためだけにならないように配慮している。たとえばディズニーはユーザー側に主導権、編集権は運営側がであるべきと言っており、ハロウイン以外のコスプレを禁止している。パッションテックが成功するためには、数または深さがあり、そのためにキャッシュポイントが多いもの、エンゲージメントが高くなる事が重要である。エンゲージメントとして熱狂的な100人がいればその先に100人が集まる。」 Keep Reading

パッションテックという言葉を聞いたことがあるだろうか。事業ドメインに“自分がいちばん情熱を掛けられること”を据え、世界中で利用されるサービスを目指し会社を立ち上げ、資金調達を成功させているパッションテックの事例が増えている。ニッチであったとしても熱量がある世界中の人をつなげば市場になる。

「パッションテックが新たなメディア・コミュニティの可能性を拓く」と題したセッションではパッションテックを仕掛けるスタートアップであるvivit株式会社
代表取締役の水谷寿美氏、株式会社リブルー 代表取締役の岡田秀之氏と、そこに投資判断をするグロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナーの高宮慎一氏が登壇した。モデレーターは株式会社インクワイア 代表取締役のモリジュンヤ氏である。

Keep Reading

Go to Top