Category archive

IoT - page 2

Raspberry Pi Compute Module 4がリリースされた

IoT

10月19日 Raspberry Piの産業用途向け最新ソリューションとして、Raspberry Pi Compute Module 4(以下 CM4)の発売が発表された。基本的なアーキテクチャはRaspberry Pi4と同等。ただし、eMMC, RAMそれぞれの容量、無線デバイス有り無しの組み合わせにより、バリエーションは32種類にもなってしまった。(筆者はこのうちの4種類くらいだけが在庫がきちんとしていて、残りは事実上入手しにくいものになると予想しているが。)

その結果価格も32種類になるわけで、最小構成で25ドル、最大構成で90ドル程度となる。スイッチサイエンス社のリリースでは、日本では、約6,000円~約10,000円の価格になるそうだ。当然、CM4には“手足”はないわけで、IOボードが必要となり、こちらも発表された。

RaspberryPiと同等の各種IO、外部ポートを装備。日本での発売価格は5,650円と発表されている。(スイッチサイエンス社) さて、果たしてCM4は日本で普及するのだろうか?

Raspberry Pi Compute Moduleシリーズは実はすでに発売されていたが、今回のCM4は過去のCM3などと物理的な互換性は一切存在しない。一番の違いは、サイズとIOコネクタだ。CM3まではIOコネクタはJEDEC DDR2 SODIMMソケットの規格に合わせて装備されていた。しかし、CM4では(恐らく)独自のコネクタに変更された。

上下に見えるコネクタが外部IOコネクタ

……

Keep Reading

10月19日 Raspberry Piの産業用途向け最新ソリューションとして、Raspberry Pi Compute Module 4(以下 CM4)の発売が発表された。基本的なアーキテクチャはRaspberry Pi4と同等。ただし、eMMC, RAMそれぞれの容量、無線デバイス有り無しの組み合わせにより、バリエーションは32種類にもなってしまった。(筆者はこのうちの4種類くらいだけが在庫がきちんとしていて、残りは事実上入手しにくいものになると予想しているが。)

その結果価格も32種類になるわけで、最小構成で25ドル、最大構成で90ドル程度となる。スイッチサイエンス社のリリースでは、日本では、約6,000円~約10,000円の価格になるそうだ。当然、CM4には“手足”はないわけで、IOボードが必要となり、こちらも発表された。

Keep Reading

Go to Top