Category archive

IoT - page 139

【PR】Raspberry Pi(オープンソースハードウエア)の産業利用の現状

IoT
IoTの世界ではオープンソースハードが主流に

Arduinoはすでに200万台以上、Raspberry Piは1100万台以上の出荷実績がある。IoTの世界ではOSH(オープンソースハードウェア)がほぼ主流になってきている。オープンになっているハードウェアを積極的に使い素早くプロトタイプを製作し、場合によっては製品化まで突入しましょうという流れになってきている。製品を試作、開発し、製品化していく方法としては3つ考えられる。

1)回路を最初から設計して試作から製品化まで行う方法

この方法では、開発に高い技術力が必要であり、内部で製作するとしても、外部に委託するとしても、開発費や期間が大きくなり、例えば3000台以下のそれほど多くはない台数での開発では採算が合わなくなる。

2)産業用に販売されているハードを使用して行う方法

この方法の場合、カスタマイズをするために販売しているメーカーとの秘密保持契約を結ぶ必要があり、実際に希望する仕様で動くかなどの事前情報が少ないため、開発に時間や費用がかかる。そのため、例えば1000台を切るような少量での開発では採算が合わなくなる。

3)オープンソースハードウェアを使う方法
オープンソースハードウェアであれば、最初から回路を設計する手間はかからず、すでに多くの情報があるので、即座にプロトタイプの開発に着手でき、時間とコストが大幅に削減できる。

導入におけるネガティブ要素は1つだけ「誰が責任を取るのか?」

オープンソースハードウェア……

Keep Reading

IoTの世界ではオープンソースハードが主流に

Arduinoはすでに200万台以上、Raspberry Piは1100万台以上の出荷実績がある。IoTの世界ではOSH(オープンソースハードウェア)がほぼ主流になってきている。オープンになっているハードウェアを積極的に使い素早くプロトタイプを製作し、場合によっては製品化まで突入しましょうという流れになってきている。製品を試作、開発し、製品化していく方法としては3つ考えられる。

1)回路を最初から設計して試作から製品化まで行う方法

この方法では、開発に高い技術力が必要であり、内部で製作するとしても、外部に委託するとしても、開発費や期間が大きくなり、例えば3000台以下のそれほど多くはない台数での開発では採算が合わなくなる。

2)産業用に販売されているハードを使用して行う方法

この方法の場合、カスタマイズをするために販売しているメーカーとの秘密保持契約を結ぶ必要があり、実際に希望する仕様で動くかなどの事前情報が少ないため、開発に時間や費用がかかる。そのため、例えば1000台を切るような少量での開発では採算が合わなくなる。

3)オープンソースハードウェアを使う方法
オープンソースハードウェアであれば、最初から回路を設計する手間はかからず、すでに多くの情報……

Keep Reading

Go to Top