Category archive

IoT

【ダイナミックビークルスクリーン】Vol.05 AIエッジコンピューティング

AI/Digital Signage/IoT/Media

都心部の鉄道車両では、ドア上にデジタルサイネージが設置され、運行情報や広告を放映するのが一般的になった。各鉄道会社、路線ごとに若干の違いはあるが、機材やシステム、また広告の販売方法は似通っている。しかし、ビズライト・テクノロジーが埼玉高速鉄道埼玉スタジアム線に設置を進めているデジタルサイネージ『ダイナミックビークルスクリーン』は、これまでの車両内サイネージとは一線を画する。6回にわたって、この取り組みについてご紹介していきたい。 第5回は、Raspberry Piを使ったAIエッジコンピューティングについて。

一般的な車両内ビジョンは、編成単位で通信装置や映像出力装置などのシステムを構成しているが、ダイナミックビークルスクリーンではドア上ごとにWANと接続する通信モジュール、車内環境データを取得するセンサーやカメラと、それを分析するAIエッジコンピュータ、そして映像出力機材が設置され、それで独立したシステムとなっている。同じ車両内でも互いの機材が通信することはなく、それぞれがサーバとつながる構成となっている。

このような構造になったのは、ダイナミックビークルスクリーンが新造車両ではなく、既存車両に設置されたからだ。編成単位でシステムを構成するには、編成単位でローカルネットワークを構築しなければならないが、有線だとケーブルを取り回すには大きなコストが必要になり、無線だとネットワークが不安定になってしてしまう……

Keep Reading

都心部の鉄道車両では、ドア上にデジタルサイネージが設置され、運行情報や広告を放映するのが一般的になった。各鉄道会社、路線ごとに若干の違いはあるが、機材やシステム、また広告の販売方法は似通っている。しかし、ビズライト・テクノロジーが埼玉高速鉄道埼玉スタジアム線に設置を進めているデジタルサイネージ『ダイナミックビークルスクリーン』は、これまでの車両内サイネージとは一線を画する。6回にわたって、この取り組みについてご紹介していきたい。 第5回は、Raspberry Piを使ったAIエッジコンピューティングについて。

一般的な車両内ビジョンは、編成単位で通信装置や映像出力装置などのシステムを構成しているが、ダイナミックビークルスクリーンではドア上ごとにWANと接続する通信モジュール、車内環境データを取得するセンサーやカメラと、それを分析するAIエッジコンピュータ、そして映像出力機材が設置され、それで独立したシステムとなっている。同じ車両内でも互いの機材が通信することはなく、それぞれがサーバとつながる構成となっている。

Keep Reading

Go to Top