Category archive

Funding

Withコロナのエクイティ・ファイナンス

Funding

2020年、株式の流通市場はバブル崩壊(約30年前!)以来の高値で幕を閉じた。IPOも件数としては93件に達し、コロナ禍においても、近年の実績と同等の件数が維持される結果となった。

2020年 業種区分別IPO実績

このように株式市場は比較的活況であるが、企業の経営実態としては、巣籠需要などで業績を上げた一部の業種、そして感染症拡大防止政策による経営環境の激変の直撃を受けた業種(こちらはすでに大幅なリストラクチャを迫られている)を除き、多くの企業においては、業績面では内部留保を充当、資金面では超大型の財政出動による借入金による調達などにより、「とりあえず」一息つかせ、攻めのタイミングをじっと窺っている状態といえるだろうのではないだろうか。

一方、スタートアップあるいはアーリーステージにある企業(起業家)にとっては、元来持ち合わせている固有の不確実性に加え、コロナ禍によってビジネスプランの不確実性はより高い状況が続く状態となっている。IPO直前に達しているならともかく、一般には、個人投資家、ベンチャーキャピタルそして大企業の投資部門(投資家)に対して、新たなビジネスプランの評価をいただき、ニューマネーを確保するのは容易ではない状況だ。もちろん、マーケットの成長性、事業の成功可否の判定が非常に難しい経済環境にあることは、投資家にとっても同じである。特に、成就する「時期」のジャッジメントが感染症拡大の終焉がキーである場合はなおさらだ。

さて、事業資金の調達には、(1)融資を受ける (2)出資を受ける に大別され……

Keep Reading

2020年、株式の流通市場はバブル崩壊(約30年前!)以来の高値で幕を閉じた。IPOも件数としては93件に達し、コロナ禍においても、近年の実績と同等の件数が維持される結果となった。

2020年 業種区分別IPO実績

このように株式市場は比較的活況であるが、企業の経営実態としては、巣籠需要などで業績を上げた一部の業種、そして感染症拡大防止政策……

Keep Reading

Go to Top