Category archive

Digital Signage - page 99

何度目の正直?スマートディスプレイというカテゴリーは今度こそ来るのか

AI/Digital Signage/IoT/Media

新しくスマートディスプレイと呼ばれるらしいカテゴリーがある。テレビでもPCでも、タブレットでもスマートフォンでもないディスプレイの利用である。主に家庭内に置かれてニュースや天気予報などを表示するもので、ホームサイネージとも言えるものだ。これらは20年を超えるほどの歴史があり、それは失敗の連続であった。

1番目の正直 PointCast 1996年2月13日

覚えていらっしゃる方がどれだけいるだろう。PointCastは、PCのスクリーンセーバーに様々なコンテンツを表示してメディア化しようという試みである。まだモデムかISDNの時代であるので動画こそ動かないが、flashでそれなりにクールな動きを表現できた。日本ではトランスコスモスが中心になり、大企業がコンソーシアムを組んで事業化を試みたがうまくいくことはなかった。なお0番目としてフランスのミニテルがあるが、そこはとりあえず分けて考えよう。

2番目の正直  Chumby 2008年2月25日

2008年のCESで華々しくデビューしたのが「Chumby」である。 3.5インチ横 199ドルで2008年2月25日発売(日本は10月23日)その後サービスを停止したが、2014年7月1日に復活し、59.99ドルで現在も中古機を発売中。以前は完全無料モデルだったが、現在は月額3ドルの利用料でサービスを継続している。筆者はChumbyユーザーであった。

3番目の正直  デジタルフォトフレーム群 2009年ごろ

この時期にはガラケー全盛時代で、ケー……

Keep Reading

新しくスマートディスプレイと呼ばれるらしいカテゴリーがある。テレビでもPCでも、タブレットでもスマートフォンでもないディスプレイの利用である。主に家庭内に置かれてニュースや天気予報などを表示するもので、ホームサイネージとも言えるものだ。これらは20年を超えるほどの歴史があり、それは失敗の連続であった。

1番目の正直 PointCast 1996年2月13日

覚えていらっしゃる方がどれだけいるだろう。PointCastは、PCのスクリーンセーバーに様々なコンテンツを表示してメディア化しようという試みである。まだモデムかISDNの時代であるので動画こそ動かないが、flashでそれなりにクールな動きを表現できた。日本ではトランスコスモスが中心になり、大企業がコンソーシアムを組んで事業化を試みたがうまくいくことはなかった。なお0番目としてフランスのミニテルがあるが、そこはとりあえず分けて考えよう。

PointCast screenshot

2番目の正直  Chumby 2008年2月25日

Keep Reading

Go to Top