Category archive

Digital Signage - page 33

大画面高解像度では映像制作セオリーを疑う必要がある

Digital Signage/Media

4Kや8K、VRの映像制作においては、従来の映像制作とは異なるアプローチやその検証が必要であると考えている。特にライブビューイングを含めた、300インチを超えるような大画面による表示の場合とVRにおいてそれを顕著に感じる。

一般的な家のテレビはの画面サイズは30インチから50インチくらいが中心だろう。もちろんこれより小さい20インチ台や、60インチを超えることもなくはないが、100インチ超え、300インチということは考えにくい。

16:9の画角の場合に
140インチで縦が174センチ、
200インチで縦が248センチ
300インチで縦が373センチ
500インチで縦が622センチである。
つまり150インチ以上から、人物を縦方向に等身大に表示することができるわけだ。200インチくらいで一般的な建物の天井高に近づき、300インチを超えると、ある場所にいるときに肉眼で見ているのと同じように表示することが可能になってくる。

リアルな世界では、カメラワークもズームも人間の目では出来ない。脳の中で必要な場所に意識を集中させることによって、ズーム的な見え方をしている。
たとえばこのズーム(拡大)というのは、低画質、低解像度、モノクロ、小さい画面といった技術的、物理的制約の中で、我々の先輩が表現手法、心象表現として編み出してきたテクニックである。これらは芸術の域まで達したのである。これらを否定するものではまったくないが、これからの時代には肉眼で見たままの状況を、別の場所で、……

Keep Reading

4Kや8K、VRの映像制作においては、従来の映像制作とは異なるアプローチやその検証が必要であると考えている。特にライブビューイングを含めた、300インチを超えるような大画面による表示の場合とVRにおいてそれを顕著に感じる。

一般的な家のテレビはの画面サイズは30インチから50インチくらいが中心だろう。もちろんこれより小さい20インチ台や、60インチを超えることもなくはないが、100インチ超え、300インチということは考えにくい。

16:9の画角の場合に
140インチで縦が174センチ、
200インチで縦が248センチ
300インチで縦が373センチ
500インチで縦が622センチである。
つまり150インチ以上から、人物を縦方向に等身大に表示することができるわけだ。200インチくらいで一般的な建物の天井高に近づき、300インチを超えると、ある場所にいるときに肉眼で見ているのと同じように表示することが可能になってくる。

リアルな世界では、カメラワークもズームも人間の目では出来ない。脳の中で必要な場所に意識を集中させることによって、ズーム的な見え方をしている。
たとえばこのズーム(拡大)というのは、低画質、低解像度、モノクロ、小さい画面といった技術的、物理的制約の中で……

Keep Reading

Go to Top