Category archive

Digital Signage - page 110

センシング技術を有効に活用するために必要なこと

AI/Digital Signage/IoT

センシング技術は、IoTによる世界を実現するために欠かせない技術のひとつである。すでに世の中にはさまざまなセンシング技術を使った機器が数多く出回り、それに触れないで過ごす日はないという状況だ。IoTが普及することで、この傾向はさらに強まりまっていく。今回は、そのセンシング技術に関して、IoTやAI技術との関係、有効な活用方法、今後の展望を取り上げる。

センシング技術は目に見えないものをセンサーで定量化すること

そもそも、センシング技術とはどのようなものなのだろう? 人間には光や音、温度、加速度などさまざまな変化を感じる器官が備えられている。目や耳、皮膚、舌、鼻といった器官だ。これらの器官は、変化には気づきのだが、“どのぐらい”変化したのかは定量的にはわからない。あくまでも個人の感覚として大小、高低がわかる程度だ。また、地磁気といった人間には変化を感じるのが難しい変化もある。センシング技術は、こういった物理的な変化をセンサーで計測し、定量的にとらえる技術のことをいう。

センサーで計測できるデータの種類

現在では、光、温度、湿度、重さ、音、地磁気、加速度など数多くの物理変化をセンサーで計測することが可能である。例えば光や重さなどの変化から、人や物の動きを検知することに特化したセンサーがある。タッチパネル、形状や動きを解析するソフトを備えたカメラなども、大きな意味でセンサーを使ったセンシング技術といえる。

電車では車内に温度を感知するセンサーをつけて空調の調整を行い、車体に重量のセンサーをつけてブレーキの制御に使用している。カーナビシス……

Keep Reading

センシング技術は、IoTによる世界を実現するために欠かせない技術のひとつである。すでに世の中にはさまざまなセンシング技術を使った機器が数多く出回り、それに触れないで過ごす日はないという状況だ。IoTが普及することで、この傾向はさらに強まりまっていく。今回は、そのセンシング技術に関して、IoTやAI技術との関係、有効な活用方法、今後の展望を取り上げる。

センシング技術は目に見えないものをセンサーで定量化すること

そもそも、センシング技術とはどのようなものなのだろう? 人間には光や音、温度、加速度などさまざまな変化を感じる器官が備えられている。目や耳、皮膚、舌、鼻といった器官だ。これらの器官は、変化には気づきのだが、“どのぐらい”変化したのかは定量的にはわからない。あくまでも個人の感覚として大小、高低がわかる程度だ。また、地磁気といった人間には変化を感じるのが難しい変化もある。センシング技術は、こういった物理的な変化をセンサーで計測し、定量的にとらえる技術のことをいう。

センサーで計測できるデータの種類

現在では、光、温度、湿度、重さ、音、地磁気、加速度など数多くの物理変化をセンサーで計測することが可能である。例えば光や重さなどの変化から、人や物の動きを検知することに特化したセンサーがある。タッチパネル、形状や動きを解析するソフトを備えたカメラなども、……

Keep Reading

Go to Top