Category archive

Digital Signage

スペイン国境に近いポルトガルの宿にサイネージが置かれている理由

Digital Signage

ポルトガルの首都リスボンから車で3時間ほど北東に走った、スペイン国境にほど近い天空の村、マルヴァンに3日ほど滞在した。村にはマルヴァオン城という9世紀に建てられた城がある。標高は900メートルほどで、常に偏西風を感じる360度の眺望と、それでいて朝夕は驚くほどの静寂に包まれる素晴らしい村である。なんと言っても観光客が極端に少なく、それ目当ての土産物屋もほとんどない。

マルヴァオン城から村を見下ろす。ちょっとマチュピチュっぽい?

ここには古城があるだけで特に何もない。山岳リゾートという位置づけにもならず、いい意味で時間が止まったままの集落である。歩いて20分もあれば一周できてしまう。唯一残念なのはレストランが絶望的にダメである。食は期待しないか、近隣まで車で出かけることをおすすめする。村には宿泊できる施設が4,5箇所あるが、その中では最も高級で眺望も良いと思われるDOM DINISに滞在をした。 高級と言ってもB&Bみたいなもので、一泊11,000円くらいだ。

エントランスはごく普通

さてこの宿は素晴らしい夕日を見られることが何よりの特徴だ。条件が合えば雲海も出るらしい。

写真では伝わらない。。。

さて本題である。この宿には2つのサイネージが置かれていた。一つはレセプションのカウンターにフォトフレームがあり、夕景や村の写真が映し出されている。

9インチくらいのごく普通のフォトフレーム

もう一つは朝食時だけに使われるのだが、時計、天気予報、そして観光情報と写真であ……

Keep Reading

ポルトガルの首都リスボンから車で3時間ほど北東に走った、スペイン国境にほど近い天空の村、マルヴァンに3日ほど滞在した。村にはマルヴァオン城という9世紀に建てられた城がある。標高は900メートルほどで、常に偏西風を感じる360度の眺望と、それでいて朝夕は驚くほどの静寂に包まれる素晴らしい村である。なんと言っても観光客が極端に少なく、それ目当ての土産物屋もほとんどない。

Keep Reading

Go to Top