Category archive

Blockchain

ブロックチェーンと放送。MBS「オレたちやってマンデー」の場合

Blockchain/Media

あえて主語をMBS(毎日放送)として記述する。MBSは「オレたちやってマンデー」において、Daapsゲームのキャラクターを放送波に音声透かしで乗せてオンエアで配布した。

これを実現するために、Daapsを受信、管理するためのTokenPocketという統合トークン資産管理アプリ&プラットフォームがあり、TokenPocketアプリのブラウザ上で動作するCipher Cascadeというブロックチェーンゲームがあり、このゲームのキャラクターを番組を聴いた人だけに音声透かしによってアクセス権を付与してダウンロードさせた、というものだ。

放送局視点

放送局視点でいうと、今回MBSが提供したものは伝送路としての放送波であり、番組コンテンツである。これだけだと単なる土管の話になってしまうので、ゲームの内容や企画自体が番組内で作り上げられていくという体を取っている。番組を聞いた人だけが得られる特典としてキャラクターが設定された。これは特典に価値があれば、リスナーの誘導、増加を見込める。逆にゲーム側やスポンサー側からすると、番組に力があれば、多くのリスナーが付いているのであれば、メディアとしての利用価値が大きくなる。これは昔から変わらない放送としての原理原則である。

ただし、ここまでだと「放送」以外の方法で同じことができないかと言われると全くそうではない。キャラクターをダウンロードできるようにする制御を音声透かしで行うのであれば、ネット配信でも全く同じことができる。実際筆者はradikoのエリアフリーを経由してダウンロードを……

Keep Reading

あえて主語をMBS(毎日放送)として記述する。MBSは「オレたちやってマンデー」において、Daapsゲームのキャラクターを放送波に音声透かしで乗せてオンエアで配布した。

これを実現するために、Daapsを受信、管理するためのTokenPocketという統合トークン資産管理アプリ&プラットフォームがあり、TokenPocketアプリのブラウザ上で動作するCipher Cascadeというブロックチェーンゲームがあり、このゲームのキャラクターを番組を聴いた人だけに音声透かしによってアクセス権を付与してダウンロードさせた、というものだ。

Keep Reading

Go to Top