Category archive

AI

手持ちの不要な服を見つけて売却提案をする「断捨離AI」

AI

オンラインクローゼットアプリの「XZ」(クローゼット)は、手持ちの衣服を登録して管理できるアプリで、天気予報や着用回数などをもとにコーディネートをAIで自動生成する機能をもっている。

そのXZを運営するSTANDING OVATIONにリユース企業のトレジャー・ファクトリーが出資し、XZユーザーに手持ちの服のなかから、不要なアイテムを見つけ、売却の提案を行うサービスの開発に着手すると発表した(3月30日現在は、アプリ内でトレジャー・ファクトリーの宅配買取サービスの案内が出るのみ)。

XZの画面。手持ちのアイテムを登録すると、気象条件などを考慮したコーディネートを提案する。 手持ちの服をリユースするイメージ

リユース市場ではメルカリの存在感が強い。ユーザーが多いために需要も大きく、高値での売却が期待できるため、不要品を売却するとすれば、多くの人がまっさきに思い浮かべるサービスではないだろうか。ただ、不要なアイテムが出てくればの話だ。それに対してXZ×トレジャー・ファクトリーは、どのアイテムをどれぐらい使用しているかがわかっているため、不要なアイテムを見つけ、売却を提案できる。ユーザーが不要品を認識した段階では、メルカリと買取価格で競争することになってしまい、これに勝つのは難しい。しかし、今回の取り組みによって、その前のフェーズにリーチできる。メルカリを意識させることなく、ワンストップで売却するUXを構築できれば、勝負する必要もなくなる。この取り組みで、どれぐらいの不要品を掘り起こすことができるのか、先行きがとても楽しみな……

Keep Reading

オンラインクローゼットアプリの「XZ」(クローゼット)は、手持ちの衣服を登録して管理できるアプリで、天気予報や着用回数などをもとにコーディネートをAIで自動生成する機能をもっている。

そのXZを運営するSTANDING OVATIONにリユース企業のトレジャー・ファクトリーが出資し、XZユーザーに手持ちの服のなかから、不要なアイテムを見つけ、売却の提案を行うサービスの開発に着手すると発表した(3月30日現在は、アプリ内でトレジャー・ファクトリーの宅配買取サービスの案内が出るのみ)。

XZの画面。手持ちのアイテムを登録すると、気象条件などを考慮したコーディネートを提案する。 Keep Reading

Go to Top