Category archive

AI

今、求められるDXの本質

AI/IoT/Media

書籍の紹介だ。「スイスイ生きる コロナ時代」 タイトルだけに引っ張られるとコロナ対策書のようにも思えるが、実のところは本書の前編部分のタイトルになっている「今、求められるDXの本質」そのものの内容である。コロナは本書の内容を加速させているだけであって、あくまでのDXの本質が書かれている。

本書はコンセプターの坂井直樹氏とブランドコンサルタントの福田淳氏の対談形式で構成されている。読者のDXに対する感じ方や、その実践度合いによって、発見と卓見の連続になるだろう。

少しだけ危惧されるのは、「今はみんな検索している」と思い込んでいるような層の方々には、フィルターバブルの話に代表されるような部分は理解不能か、流しちゃうかも知れない。あとは「シェアリング社会は、オンラインでワープ社会になる」というのも同様だ。具体例が多く、対談ベースの構成なので、いい意味でスイスイ読める。読者の思考を促すための解説書があると日本のDXが加速できるように思う。とはいえ、いずれにせよ圧倒的に最高の一冊であることは間違いない。

……

Keep Reading

書籍の紹介だ。「スイスイ生きる コロナ時代」 タイトルだけに引っ張られるとコロナ対策書のようにも思えるが、実のところは本書の前編部分のタイトルになっている「今、求められるDXの本質」そのものの内容である。コロナは本書の内容を加速させているだけであって、あくまでのDXの本質が書かれている。

本書はコンセプターの坂井直樹氏とブランドコンサルタントの福田淳氏の対談形式で構成されている。読者のDXに対する感じ方や、その実践度合いによって、発見と卓見の連続になるだろう。

少しだけ危惧されるのは、「今はみんな検索している」と思い込んでいるような層の方々には、フィルターバブルの話に代表されるような部分は理解不能か、流しちゃうかも知れない。あとは「シェアリング社会は、オンラインでワープ社会になる」というのも同様だ。具体例が多く、対談ベースの構成なので、いい意味でスイスイ読める。読者の思考を促すための解説書があると日本のDXが加速できるように思う。とはいえ、いずれにせよ圧倒的に最高の一冊であることは間違いない。

……

Keep Reading

Go to Top