Category archive

AI

マンションなどでエッジAI顔認証で”置き配”

AI/IoT

宅配国内最大手のヤマト運輸の小口貨物取扱量は、今年1月単月で前年比22.9%増、今年度10か月の累計では15.7%増と発表されており、ネット通販の拡大に加えコロナ禍の巣ごもり需要の増大により大忙しの状態となっているようだ。

宅配業者の大きな悩みの種は、「不在による再配達」であったが、時間帯指定、コンビニ受取、宅配ボックスの普及に加え、「置き配」が今や当たり前となり、それぞれ一定の成果をあげている。筆者も少なからずオンラインショッピングの頻度は増えたが、「置き配」(時に、「これ置いてくのか!?」と思うこともあるが)によって、再配達の頻度は明らかに減った。

おそらく、物品の受領(所有権移転)の法的な問題とか、盗難や破損の補償、家に誰も居ない目印になってしまうなど、消費者団体や関係省庁が課題だ!対策だ!などと言ってる間に、コロナによる社会の混乱、需要の急拡大やドライバー不足などを背景に、現実的な対応が先行してしまい、「別にこれでいいじゃん」となった感もある。盗難や悪戯の恐れの少ない日本ならではのやり方だ。個人的には何の問題も感じないので、このまま進めてほしいと思う。

さて、戸建住宅や特にセキュリティゲートのないアパートではこの「置き配」も有効だが、セキュリティの整ったオートロックマンションでは、常駐のコンシェルジェや個配ボックスがない限り、対応が難しい。おそらく新築物件では、最初から個配ボックスが設置されていることも珍しくないだろうが、一般には「後付け」しかなく、そのスペースや設置コストが問題となる。要は、正……

Keep Reading

宅配国内最大手のヤマト運輸の小口貨物取扱量は、今年1月単月で前年比22.9%増、今年度10か月の累計では15.7%増と発表されており、ネット通販の拡大に加えコロナ禍の巣ごもり需要の増大により大忙しの状態となっているようだ。

宅配業者の大きな悩みの種は、「不在による再配達」であったが、時間帯指定、コンビニ受取、宅配ボックスの普及に加え、「置き配」が今や当たり前となり、それぞれ一定の成果をあげている。筆者も少なからずオンラインショッピングの頻度は増えたが、「置き配」(時に、「これ置いてくのか!?」と思うこともあるが)によって、再配達の頻度は明らかに減った。

Keep Reading

Go to Top