NTTドコモが認識精度99.87%の顔認証技術をリーリス。

IoT /

この数年で顔認証技術は進展し、多くの現場で採用されるようになった。顔認証の精度アップが課題であったが、NTTドコモが新たなソリューションでそれを解決した。

NTTドコモは、認識精度99.87%、認識スピード177msと、業界最高水準の認識精度・スピードをもつ顔認証機能をAPIで提供する顔認証サービスの提供を開始した。

本サービスは、画像認識ソリューションの開発を支援するクラウドサービス「ドコモ画像認識プラットフォーム」にRealNetworks,Inc.の顔認証エンジン・ソフトウェア「SAFR®」を搭載し、APIで連携することにより顧客のシステムやサービスへの顔認証機能の追加を容易に実現する。

また、顧客の要望に応じて個社ごとの顔認証を活用したソリューションのシステムインテグレーションを5Gやモバイル端末・ネットワークカメラなど、さまざまなデバイスと組み合わせて提供することも可能だという。

マスクを着用したままでも高い認識精度(98.90%)で認証することができるので、今回のようなコロナ禍でも導入可能なサービスだ。

  1. 業界最高水準の顔認証技術
    業界最高水準の認識精度(99.87%)と認識スピード(177ms)を合わせ持つ本サービスは、自動改札や入館ゲートなど、高いセキュリティを必要としながらもウォークスルーで認証が求められるユースケースに対応可能。また、顔画像の登録も正面からの顔画像1枚のみで済み、マスクを着用したままでも高い認識精度(98.90%)で認証することができます。
  2. 属性推定
    顔認証のほか、映像から個人を特定せずに性別・年齢・表情を推定することが可能。そのため、店舗における来店者分析やデジタルサイネージへの属性に応じたコンテンツの出し分けなどの属性推定を用いたソリューションに対応する。
  3. 柔軟なシステム・サービス連携
    ドコモ画像認識プラットフォームに顔認証機能を追加することにより、顔認証機能をAPIで提供可能となるため、既存顧客のシステムやサービスと顔認証機能との連携が容易にできる。また、顔画像の登録や認証を行うためのアプリケーションについて、標準クライアントアプリケーションを提供するだけでなく、ソフトウェア開発キット(SDK)の提供も可能なため、すでに用意されているユーザーインターフェースをベースに顧客の用途に合わせて柔軟に開発することが可能だ。

本サービスは、研究開発部門・法人部門にて組織横断的にチームを構成し、お客さまと三位一体で課題解決を図る「トップガン®」の取組みにより創出したサービスだという。