iPhone 13 Proは本当にプロが使うのか、使わせたいのか

AI/Media /

昨日9月24日にiPhone13 Proが発売された。今回は13ではなく12sのようなマイナーチェンジだとか、奇数はスルーなどという意見もあるが、全体としてみれば正常進化なのは確かなのかもしれない。その中で今回の13 ProのPro部分はそれくらいプロフェッショナルなのかを考えてみる。

筆者の手元にも昨日届いて色々試しているところだが、ここは専門家の皆さんのレポートが言うまでもなく詳しくて的確なのでいくつか最初に紹介させていただく。まずiPhone 13 ProのProたる所以については、西田宗千佳氏の『iPhone 13 Proをあえて選ぶ理由を考えた …「iPhone 13は全体的に高速」「Proの魅力は非日常的撮影」』BUSINESS INSIDERと、本田雅一氏の下記の撮って出し動画が参考になる。

そして石川温氏のProに対しての分析『iPhone 13 Proは「プロらしい機種」になれたか…価格設定と仕様に見る、アップルの思惑』BUSINESS INSIDERは本稿と趣旨が同じである。

Proというのはプロフェッショナル、つまり専門家とか職人とか、アマチュアではないという意味合いが込められている。もちろんおわかりのようにアマとプロという対比という意味から、プロあるいはProには高性能、高機能という意味合いが入ってくる。そしてこれはメーカーのマーケティングによるものがほとんどだ。かつてソニーのPROFEEL PROのマーケティングが思い出される。当時スタジオの現場で、スタジオモニターとしてソニーのモニターを使うことは実際には殆どなかったのだが、斬新なデザインによる転がしモニターというスタイルと相まって、一定以上のポジショニングを獲得した。今で言うプロシューマーのような層にとっては憧れのディスプレイであった。なおこの機種はチューナーとスピーカーを内蔵していないところもポイントだったりする。

さて、AppleはiPhone13 Proを本当にプロフェッショナル達に使ってもらいたいのか。スペック的にはProのレンズ構成は前述の記事でもおわかりのように今までになく充実している。Appleのカメラに対する考え方は従来のカメラメーカーやデジタルでできることはデジタルでやればいいというものなので、シネマカメラのARRIやPanavision、ニコンやキャノンなどとは異なる。今でも現場では撮影技師が腕組みしている現場もあるわけだが、一方でiPhoneで撮影できる映像は撮影技師のそれとまあ遜色ない、とも言える。とはいえ実際の撮影を考えると、iPhone単体では軽すぎて小さ過ぎて安定した映像は得られないだろう。そのためにはリグとかアーマーとかいった撮影を補助する製品群が必要になるのは間違いない。

これはGoProの周辺製品群をみればわかる、なお、GoProのProはiPhone ProのProとはまた意味合いが違って、自分がヒーローになる、プロになるという意味のマーケティングである。

今回シネマティックモードが話題である。確かに自動でフォーカスを人の動きに応じて変えてくれる、あとから手動でも変えられるというのは、いずれ来るだろうとわかってはいたけれどやはり驚きである。だが映画レベルでこれを全部自動で実現できるのは無理だ。これはどこまで行っても無理で、必ず人の手を入れることになる。人手が本当に必要化ではなく人はそうしないと気がすまない。特にプロフェッショナルは。それは当然すぎることなので、だからシネマティックモードはダメだということではまったくない。特にそれはプロにとってだ。使える技術は使えばいい。余った時間は他のことに振り向けるか、仕事などしないで酒でも飲んで寝ていればいい。

圧倒的多数のコンシューマー、一般素人にとっては、シネマティックモードはそこそこプロっぽい映像を出してくれる。これはiPhoneのカメラが写真や普通の動画で記録してくれるファイルが、もともと何らかの自動加工処理を施されたものとして出力されているのと何ら変わりはない。そうではないと言うなら、全てを非圧縮のRAWやProResでやればいい。かつてのフィルムカメラはそのために現像、現像所という手間がかかり、それが仕事になっていた。逆に言えば、デジタルにおいては記録された時点でそもそも本物は存在していないと言ってもいいのではないか。

そこで気になるのは、iPhoneでProResが必要かという点だ。映像制作の現場でProResを扱う現場って現実問題どれくらいあるのか。データ容量と転送に関しても今回もLightningで行うしかなく、SDカードが使えるわけでもない。

iPhone 13 Proはプロが使える機材であり、プロの技術をアマも使える機材なのだと思う。