小田急・京王・東急3路線共同で推定接触可能者数ベースでのDOOH広告の販売実証実験を実施

Clipping /

マイクルアドデジタルサイネージは、東急エージェンシー、小田急エージェンシー、京王エージェンシー、Cinarra System Japanと共同で、小田急線・京王線・東急線の駅構内に設置されたデジタルサイネージにおいて、ソフトバンクWi-Fiスポットのデータなどを活用した対象媒体価値を算出したうえで、推定接触可能者数をベースに単価を統一した広告販売の実証実験を行うと発表した。

これにより、広告出稿を検討している広告主に対しては、推定接触可能者数を予測するためのデータを提供することで、細かなターゲット特性に合わせたプランニングが可能になります。また、商品をご購入頂いた広告主に、掲出期間中の推定接触可能者数・属性などのデータレポート提供も行うことで、今後の交通広告の出稿を検討するための参考データとしてご活用頂けます。また、販売方法などを統一したことにより、路線を跨ぐ広域的な商品の申込時の煩雑な作業の軽減なども図ることが可能となっています。

PR TIMES