『DELISH KITCHEN』と『TikTok』がコラボ!

Digital Signage /

「ショートムービー」の制作・投稿に特化したスマホ向け動画プラットフォームの「TikTok」をマーケティングに活用する企業が増えている。TikTokのユーザーは、We Are Socialの超yさによるとグローバルでは8億人を超えてきている。特に若者世代のユーザーが大半を占めていると言われている。

エンタメやファッション、コスメ、食品など若者を意識した投稿や広告が増える中、TikTokを店頭販促に発揚する事例も出てきた。

株式会社エブリー(本社:東京都港区、代表取締役:吉田 大成、以下エブリー)が運営するレシピ動画メディア『DELISH KITCHEN』は、ショートムービープラットフォーム『TikTok(ティックトック)』とコラボレーションし、声優の中村悠一さんをナレーションとして起用した”旬”の秋野菜のレシピ動画を制作した。

@delishkitchen

美味しそうな料理の音🤤音声をONにしてお楽しみください🎶 🍳首都圏のライフ(一部店舗)で長尺版の動画も公開中!Presented by TikTok #中村悠一 #声優 #玉ねぎ #なす #じゃがいも #きのこ #TikTokレシピ #簡単レシピ #秋食材

♬ Free Music – Oscar Wild

レシピ動画は『DELISH KITCHEN』の各種SNSと『TikTok』にて配信するほか、9月22日(水)から1週間、スーパーマーケットチェーン『ライフ』の首都圏店舗に設置された店頭デジタルサイネージでも放映するとのこと。

TwitterやInstagram、Facebook、YouTubeを活用する企業が増えているが、TikTokもその選択肢の一つになりつつある。オンラインとオフラインをマージしたマーケティングが当たり前になる中で、TikTokを加えることで、幅広い世代のユーザーにリーチできるようになる。