東京九州フェリーで船上1泊ワーケーションはいかが?

AI/Digital Signage/Funding/IoT/LIVE!/Media /

ワーケーションという言葉の意味はともかく、心地よい環境で仕事ができることはいいことだ。ワーケーションはすべての職種や業種で実現できることではないが、普通にショートバケーションとしてみてものんびり船旅はおすすめだ。そこで先日の福岡出張の際の帰路に、7月1日に就航したばかりの東京九州フェリー(新門司ー横須賀)を試してみたのでちょっとしたTipsも含めてレポートしてみたい。

筆者はほぼ同じ航路のオーシャン東九フェリー(徳島経由)には2度乗船したことがあるが、本船の方が圧倒的に快適だ。特に強烈におすすめする理由は、下記の動画にすべて集約されている。これは船内にある露天風呂からだ。心地よい潮風を受けながら海上を進む船で風呂に入る。クルーズ船ならジャグジープールで水着を着用する必要があるが、本船ではあくまでも露天風呂。もちろん素っ裸でOKなので開放感が半端ない。

これは今年の7月に就航した、東京九州フェリーである。横須賀港と新門司港を21時間で結んでいる。船舶や航路の詳細。予約は公式サイトを確認していただきたいが、運賃は12,000円で、この料金だけで大部屋ではなくカプセルホテルのような空間が用意され、さらに一室あたり7,000円(定員1名のみ)、32,000円(最大で4名まで入室可能)、48,000円(最大で2名まで入室可能)の追加料金でホテルのような個室も選択できる。運行時間はどちらからも24時前に出港して21時前に到着する。ということは、上り下りともに到着地側に自宅がないと別途宿を確保する必要がある。つまり首都圏にお住まいであれば、21時に横須賀から帰宅できるかだ。京浜急行を使えば品川まで1時間かからないので、その範囲はかなり広いのではないだろうか。なお日曜発の便は運休である。

もちろんフェリーなので車を持ち込むこともできるが、車両運搬料金が3から4万円かかる。この場合は一人分の運賃(12,000円)を含む。家族や複数人での旅行ではなく、ワーケーションという視点では車を持ち込むのはあまり現実的ではないだろう。

船内はとにかくきれいで快適だ。運賃のみ12,000円で確保できる「ツーリストA」のベッドスペースではパソコン操作は事実上できないが、船内にはいたるところに電源付きのデスクスペースが用意されているので、仕事はそちらですれば問題ない。なのだが、問題はインターネット接続状況である。

航路を大まかに書くと下の図のようになる。台風時などはわからないが、瀬戸内海を通過ぜず太平洋岸を航行する。そのため陸地に近いときにはケータイ電話のネットワークを掴むが、離れると接続できない。筆者の体感的には、高知沖から伊豆半島沖まではつながらない時間が半分弱はあるように思う。筆者の回線はNTTドコモだが、おそらく他キャリアはこれよりカバーエリアは狭いと思われる。船内には常時フリーWiFiが提供されているのだが、この上流がケータイネットワーク(ドコモだと思われる)であるために、直接つなぐのと接続状況は変わらない。なお通話に関しては3G接続する場面もあって、ネット接続より広範囲で航路上8割以上で通話はできると思う。

ワーケーション的には、移動中常にインターネットに接続しなかればならないとか、オンラインミーティングがあるという場合はタイミングによって接続できない可能性がある。この部分だけをクリアできるのであれば、12,000円で得られる非日常体験と作業効率は非常に優れている。

首都圏在住者の場合は、成田からLCCで福岡まで午後以降に飛ぶ。もちろん羽田から飛んでも構わないが、いまならLCCで5,000円ほど、場合によってはもっと安く福岡まで飛べる。福岡空港から天神などの福岡中心部には地下鉄で15分もあれば到着できるので、夕食にイカやもつ鍋、その他の食事を楽しむ。天神あたりから新門司港までは電車とシャトルバスで2時間くらい。無料シャトルバスは小倉駅を22時20分発なので、緊急事態宣言下の飲食店が20時で閉店するので丁度いいタイミングだ。シャトルバスは23時にフェリーターミナルに到着し、乗船開始は23時10分。新門司の出港は23時55分だ。

夜中の乗船なので、まずは寝ることになる。と言っても船内レストランは25時まで営業しているので、限定メニューではあるが食事も可能。なお船内のレストランでは現在もアルコール類の提供が通常通り行われている。アルコールの自販機もある。プチコンビニのような売店もある。現在の食事提供時間は深夜食24時から25時、朝食8時から9時、昼食11時から13時、夕食18時から20時の限定営業になっている。オーダーはタブレットで座席から行い、決済はセルフレジで現金のみ。たぶんオーソリ端末が接続できない時間が多いからだろう。食事の写真は今回はアップしないが、金額も味も満足というかとても美味しい。もちろん高級飲食店ではないが、食費はアルコール抜きで1,500円ほどもあれば十分すぎる。また昼の時間帯にはオープンスペースでバーベキューもできる。電熱コンロだが、船上でビールとともに海風を浴びながらバーベキューをするのはやはり非常に心地よい食事になった。

露天は同時に4,5人は入浴できそうな広さだ。写真では感じられないが、時速50キロで移動しているので風が心地よい
室内の浴室
露天風呂の奥にはサウナがある。(執筆時点では感染症対策のため稼働していない)
サウナからは露天風呂越しに海が見える。水風呂はないが外気浴はもちろん可能。
後半で遠くに見えるのが石廊崎あたりの伊豆半島

筆者のワーケーション的利用における満足度は200%と言ってもよい。より便利になるだろうなと思うのは、飛行機のように衛星インターネットに接続して常時接続環境を確保できれば完璧だろう。その場合はもちろん有料で構わず、無料は上流がLTE、有料は上流がという2つのネットワーク環境を用意してユーザーに選択できるようにさせればいい。ちなみに船室のテレビでは地上波(ワンセグ)と衛星波が視聴可能。ツーリストAにはテレビはない。コロナでいまは非稼働だが前述のサウナ、またトレーニングマシンコーナー、カラオケルームもある。また結局体験しなかったが、シアタールームと同じ部屋でプラネタリウム上演が3回ほど行われていた。

よく心配されるのが船酔いだろう。これは個人差があるのでなんとも言えないが、船舶としては揺れは極めて少ない。参考までに全長は223メートル、15,500トンという巨大船である。念のために定番の「アスロン 二スキャップ」を持参すれば完璧だと思う。乗船時に揺れの予想を聞いて、必要であれば乗船の1時間位前に飲んでおくとよい。揺れが続くなら翌日昼頃にもう一錠。なおこの薬は酔ってからでは結構手遅れである。

船内には船内案内用のタッチパネルサイネージもあったが、乗船時を除いて誰も使っていなかった。正直必要ない。それより写真を取るのを失念したが、長距離フェリーに乗っている人にとって最も重要な情報は、ここはどこ?あの島は何?という航行位置情報である。下の写真はMarineTraficというアプリ。Frigherader24の船舶版である。ここからの情報をもとにして、船室内のテレビで自船の位置情報が表示される。遠くに見える船を確認して、どこからどこに行くのかを確認するのはなかなか趣があってよい。今回筆者は確認できなかったが、船以外にもトビウオや時にはイルカが並走してくれるようだ。

「はまゆう」の本稿執筆時の位置

移動の21時間中に実際に起きて稼働するのは7時から20時までの13時間ほど。流石に延々仕事をするわけではないので、数時間おきに3回も船上の露天風呂に入ってしまった。

最後にお役立ち情報を2つ。東京九州フェリーには「はまゆう」と「それいゆ」の2隻が就航しており、それぞれが夜中に出て21時に到着する。運行ダイヤは上り下りともに日曜深夜発便の運行はない。2席は基本的に同じ船で、レイアウトも船室の配置も同じである。そのために同じ船室場所であっても、日当たりや見える景色が180度変わることになる。そこで気になるのが露天風呂からの景色だ。下の図を見てもらいたい。

これは新門司発、横須賀行きの場合だが、左舷側が北側になる。ということは女性用の浴室、露天風呂は常に北側、陸側になる。日焼けを嫌う向きには好都合だろう。一方の男性用は常に南側、太平洋側ということになるので日光浴には最高の環境となる。風呂のレイアウトは航路や船によって変えていないそうなので、常にこういうことになる。逆に新門司行きでは全てが逆になる。

船室の選択についての情報。先程は北か南か、陸か海かという話を書いたが、北側のメリットは陸上の携帯電波を掴みやすいということ。特に完全個室形で船室にいる時間が長い場合には結構差が出る。少しでも長時間安定した通信環境を得たい場合は、北側になる部屋をするとよい。繰り返すが上り下りでそれは逆転する。

船室の中でベストの選択は、最も安いツーリストA(12,000円)の部屋中でも、左舷側の「A44-73」という船室番号である。ここはたのタイプAとは異なり、唯一小さな丸窓がある景色が見られる。また多目的室の配置の関係で、ここだけ奥側に回り込んでいて事実上の完全個室となって、プライベート感が極めて高い。このタイプの部屋はこの左舷側A44-73のみであり右舷側にはこういうレイアウトの船室は存在しない。船室はインターネット上で指定や変更が可能である。逆に言えば、これ以外の各クラスの部屋は、クラス感の差はあるが同一クラス内での優劣はない。

午前10時20分頃には紀伊半島沖で「はまゆう」と「それいゆ」がすれ違う。この際に横須賀行きから先に汽笛を鳴らし、それに門司行きが答える。正確な時刻は船内アナウンスされる。船外のデッキでこれを体験すると、腹に響くほどの汽笛の音が大迫力である。また新門司港のフェリーターミナルは、従来からあるお台場行きのオーシャン東九ファリーや泉大津行きの阪急ファリーとは異なり、もっと奥側に新たに作られたので注意が必要。また横須賀港に到着しても、連絡シャトルバス、路線バスなどの足がまったくない。タクシーはいるだろうと思ったが、自分で呼ばない限り1台も客待ちはいない。京浜急行の横須賀中央駅まで歩いて10分ちょっとなので歩けなくはないが、荷物が多かったり雨だと大変だろう。

現在は乗船者は非常に少なくて更に快適であるが、仮に満員であったとしても、快適さは大きくは変わらないと思う。筆者はわざわざ前述のような移動だけが目的の船旅ワーケーションは絶対ありだと感じた。土日も料金は変わらないので、首都圏の方は土曜の午後に出発してから日曜の夜まで過ごすのをおすすめする。3万円以下で得られる体験としてはかなり上質なものだと思う。露天風呂の快適さはもちろん、船の揺れ方は天候にかなり左右されるので、楽勝に予約が取れる今なら直前とか当日決めるのが一番正解である。事実上の休日とするなら、天候によって複数オプションの中の一つにするのがいい。海況はこちらのサイトの沿岸波浪でわかる。やはり晴れた海上が最高であることは間違いないのである。

客船というとダイヤモンド・プリンセス号のことをイメージする方も多いだろうが、乗客の感染対策は全く問題なく、その心配は全くの杞憂であると申し添えておく。本船がNGなら通勤電車も新幹線も飛行機も全部NGだろうし、そう感じる方は残念だが当面は乗船を控えたほうが良い。