(Image credit: Getty Images)

DirecTV and Dish in Terminal Orbit? Their Satellites Are About to Age Out

Clipping /

Forget their declining subscriber bases, DirecTV and Dish Network face an even graver existential threat–their collective fleet of satellites are facing the end of their operational lifespans. 

“Dish launched its last satellite, EchoStar XXIII, more than five years ago,” MoffettNathanson analyst Craig Moffett wrote in a note to investors, published earlier this week. 

“Of their 11 operating satellites, only two are less than a decade old. Each of Dish’s satellites has an estimated useful life of about 15 years. In another five and a half years, only one of their 11 satellites will still be inside its estimated useful lifespan,” Moffett added. 

NEXT/TV

DirecTVとDish Networkは、加入者数の減少に加えて、さらに深刻な存続の危機に直面している。それは、両社が保有する衛星の寿命が尽きようとしていることだ。

「ディッシュは5年以上前に最後の衛星EchoStar XXIIIを打ち上げた」とMoffettNathanson社のアナリストCraig Moffett氏は今週初めに発表した投資家向けのメモに書いている。

「同社が運用している11基の衛星のうち、10年未満のものは2基しかありません。ディッシュの衛星の耐用年数は、それぞれ約15年と言われています。あと5年半もすれば、11機の衛星のうち1機だけが推定耐用年数内に収まることになります」とモフェットは付け加えた。