ファミリーマート夏の700円くじがアナログ過ぎる理由がわからない

IoT /

帰宅途中にファミリーマートに寄り道したところ、700円以上購入するとくじが1回引けるというので、もちろん挑戦をしてみた。結果は残念賞みたいなものだったが、これが恐ろしくアナログなのである。

ファミリーマート夏の700円くじは、昨日7月13日からくじが無くなるまで実施される。当たりは菓子やカップ麺、飲み物がもらえるようだ。ハズレ、いや残念賞はハズレくじ1枚で1口応募できて、FamiPay1万円などが当たる。

当たりの商品の例
応募して抽選で当たる商品の例

さて問題はその応募方法である。今回のくじにはQRコードがあり、これを読み込んで応募するものと思ったらそうではない。このQRコードのリンク先は今回のキャンペーンの紹介ページであって、そこから応募はできない。応募方法は、専用応募封筒をダウンロードして、自分でプリントして、必要事項を手書きして、くじを必要枚数入れて、切手を貼ってポストに投函するのである。

応募方法の説明と専用封筒のダウンロードリンク
専用封筒の展開図

どうしてこうなるのだろう。QRコードからアクセスして最低限の情報だけ入力するのではダメな理由はなんだろう。そしてこれだけの手間を顧客に対して、運営事務局(徳島県小松島のようだ)を設置して封筒処理を手作業で行うキャンペーンの目的とは一体なんだろう。残念ながら筆者にはその理由が想像できないままでいる。