未来型小売店スマートストアの実証実験店「たべりば」がオープン

AI/Digital Signage /

今回のコロナパンデミックが、小売のデジタル化を促進させている。非接触が当たり前になり、キャッシュレス決済がこの日本でも一気に進んだ。最近では、顧客のスマホで商品をスキャンし、レジなしでの購買体験の導入も進み始めている。今回紹介する「たべりば」は未来型小売店スマートストアの実証実験店で、中小小売の未来を変えていくサービスになるかもしれない。

埼玉県ふじみ野市にある近隣型ショッピングモール「トナリエふじみ野」に、地方産品やSDGsを意識した持続可能な食品の販売をレジなしで決済する“スマートストア”が、2021年8月下旬にオープン予定だ。食品のトータルコーディネートをするコンサルティング会社の株式会社はじまりビジネスパートナーズ(代表取締役:白川淳一)が運営する「たべりば」でこの取り組みをスタートさせる。店内のICT(情報通信技術)環境などの技術基盤は、NTT東日本とCHAINOS JAPANが提供する。

NTT東日本の提供する「NTT EAST SMART STORE」決済アプリとCHAINOS JAPANの提供する「AIカメラ画像認識システム」から得られた情報を元に、デジタルサイネージのコンテンツや陳列方法を見直すデータを取得していく。将来的にはAIによってすべて自動的に考えられる仕組みを構築していくと言う。

はじまりビジネスパートナーズは。地方名産品や各地で丹精込めて生産されるクラフトマンシップに富んだ商品の販売促進や販路開拓を応援する。店舗から得られる購買データを生産者と共有すると同時に、同社のコンサルタントが得られたデータを分析し、最適な商品作りのアドバイスにつなげていく。

具体的には、購買した顧客の「年齢や性別」といったデモグラフィックなデータや「購買した順番」「グループの人数」「購買時の表情」「デジタルサイネージの注目度」などを分析することで、商品に合わせたターゲットや宣伝広告の方法、メニュー提案を検討していく。

決済方法は、NTT EAST SMART STORE アプリで商品のバーコードをスキャンして、クレジットカードや交通系ICカードで決済する「完全キャッシュレス決済」で非接触型のビジネスモデルを構築する。

店舗がレジなしになることで、運営コストの削減につながる。接触機会が減ることで、顧客や従業員も安心できる。大手に比べ遅れている中小店舗のDX化を同社のスマートストアが促進しそうだ。