Three Things to Know About OAAA’s Proposed Impression Measurement Guidelines

Clipping /

・The proposed move to redefine “Opportunity-to-See” is a way forward to ensure OOH measurement is consistent for cross-channel planning and modeling tools
・Introducing view sheds and reclassifying the definition of OTS
・Modernizing measurement is a collaborative, all-industry work-in-progress.

BILLBOAED INSIDER

OAAAが提案したインプレッション測定ガイドラインについての3つのポイント
・OOHの測定をクロスチャネルのプランニングやモデリングツールで一貫したものにするために、「Opportunity-to-See」の再定義が提案されています。
・ビューシェッドの導入と OTS の定義の再分類
・測定の近代化は、すべての業界が協力して進めていくものです。