デジタルガレージのサイネージメディア「サキザキテルコ」、有効な着座再生数に応じたプログラマティック配信を開始

Clipping /

「サキザキテルコ」の広告枠の一部を、株式会社マイクロアドデジタルサイネージ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:穴原誠一郎 以下:MADS)が提供するデジタルサイネージネットワーク「MONOLITHS」に接続し、動画広告のプログラマティック配信を開始します。DGは、プログラマティック配信の開始に際し、「サキザキテルコ」に搭載した着座確認機能を用い、有効な着座再生数に応じた課金システムを構築します。

PR TIMES