WEBで施設の混雑状況がわかるALSOKの新サービス

AI/IoT /

新型コロナウイルスはなかなか収束が見えず、緊急事態宣言が続く中、筆者は密な店舗にはできるだけ行かないようにしている。事前に店舗の混雑状況がわかっていれば便利だと考えていたが、ALSOK(本社:東京都港区、社長:青山 幸恭)が、そんなペインを無くしてくれる「ALSOK混雑状況配信サービス」を販売開始した。

「ALSOK混雑状況配信サービス」はカメラ画像を利用することで、混雑状況を手軽に施設ホームページやデジタルサイネージへ配信できる。本サービスの導入により、対象の施設や店舗等は、混雑しているかどうかを施設利用者がホームページを閲覧することで、事前に容易に確認できるようになる。施設側は混雑緩和を促しながら、感染症対策と集客の両立が可能となる。

「ALSOK混雑状況配信サービス」は、株式会社セキュアの混雑状況分析プラットフォーム「SECURE群衆カウントソリューション」をベースに共同開発したとのこと。使用法は簡単で、まず、管理画面にてカメラ内で混雑分析を行うエリア、混雑レベルのしきい値を設定する。次に生成されたURLを施設のホームページにリンクを設定。もしくはデジタルサイネージに表示する。

映像は警備用に設置された画像センサや防犯カメラの映像をそのまま利用し、分析はクラウド上で行うので本サービスのために分析装置の購入は不要だ。1カメラあたり最大4つまで、エリアを分割して分析できる。ホームページに配信する単位も複数のカメラの合計人数で混雑状況を変化させることが可能なため、施設内のエリア単位、施設全体など細かな設定ができる。カメラ1台あたり解析費用は(1日12時間、5分に1回の解析の場合)月額 11,000円(税込)となる。ただし、2022年3月分までは、月額7,370円(税込)の特別割引が適用される。

ALSOKでは、小売店、病院、スポーツジム、博物館、水族館、飲食店、自治体、ワクチン接種会場などの幅広い場所での利用を想定していると言う。