Copyright © 2021 Suzuki, Narumi, Tanikawa and Hirose.

Taste in Motion: The Effect of Projection Mapping of a Boiling Effect on Food Expectation, Food Perception, and Purchasing Behavior

Clipping /

As described above, the boiling effect has a power to promote appetite and increase expected price. Moreover, as the result of the empirical user study suggested, these outcomes could prompt consumer to buy targeted food products. In Japan, there is a culture to display food samples in showcases at restaurants to attract customers. From this research, projecting dynamic textures could raise the consumers’ expectations for the food; therefore, applying dynamic textures to food samples may attract more visitors. From this concept, in the empirical user study, dynamic textures were projected on a food display at a restaurant. Afterwards, the order rate of the targeted food was examined. The results indicate that the dynamic texture increases the order rate, which can be mediated by the increased appetite.

frontiers in Computer Science

以上のように、沸騰効果には、食欲を増進させ、期待価格を上昇させる力があります。さらに、ユーザーの実証実験の結果からも示唆されているように、これらの結果は消費者にターゲットとなる食品の購入を促す可能性があります。日本では、レストランのショーケースに食品サンプルを展示して集客する文化があります。今回の研究では、ダイナミックなテクスチャーを投影することで、消費者の食品に対する期待感を高めることができるため、食品サンプルにダイナミックなテクスチャーを適用することで、より多くの人を惹きつけることができるのではないかと考えています。このような考えのもと、実証実験では、レストランのフードディスプレイにダイナミックテクスチャを投影しました。その後、対象となる料理の注文率を調べました。その結果、ダイナミックなテクスチャーは注文率を向上させ、それは食欲の増加を媒介することができることがわかった。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。