5Gの当面の本命?NTTドコモがCPEでHome 5Gを提供

IoT /

NTTドコモが「Home 5G」と銘打ってCPE端末を発表した。CPEとはCustomer Premises Equipmentの略で、加入者側の敷地や建物の中に設置される中継機器や終端機器、通信端末のことである。今回製品化した5G CPEは、5G活用のための据え置きタイプの5Gルーターとして機能し、高速なネットワーク環境を宅内などに構築することが可能となる。

携帯電話のネットワークを利用したCPEは4Gのときにも存在した機器なので、モノとして目新しいというわけではない。4G LTEの普及初期において、ケータイキャリアから自社のLTEネットワークに接続して家庭内にLTEの電波を再送信したり、WiFiに変換するような機器と同じである。これらはLTEの基地局の設置が進む途中段階において、窓際などにおいて基地局の電波を掴み、部屋の中に再送信するものだ。基地局が少ない時点では部屋の中までLTEの電波が到達しにくいケースが数多くあり、キャリアが事実上無償で貸与していたケースもある。

日本で4G LTEで使用する電波はプラチナバンドと呼ばれる700M~900MHz帯と、主要バンドとして使われる1.5G~3.5GHz帯が割り当てられている。一方5Gには「サブ6」と呼ばれる3.7GHz帯と4.5GHz帯に加え、「ミリ波」と呼ばれる28GHz帯が割り当てられている。この5Gに割り当てられている高い周波数帯は波長が短いので光に特性が近くなる。つまり5G基地局が雨や樹木、建物に遮られてしまうと電波が届きにくくなる。

つまり5GのCPEは4Gのとき同様に、いやそれ以上に需要があるはずなのだ。もちろん窓際に置いてもそもそも窓際まで5Gの電波が到達していないことは十分想定される。しかしこれは、4Gのときと同じように徐々に解消されていくことだろう。

そして4G以上にこうした5G CPEが有効になっていく可能性があるのは、モバイルではなくワイヤレスで高速大容量なデータを扱うことができる点である。具体的にわかりやすいのは家庭における4Kや8Kの映像の伝送である。それが放送というカテゴリなのか云々という議論は他に譲るとしてだ。4K8Kは光ファイバーで見ればいいというのは正論なのだが、現実的には工事を伴うこと、引っ越しをしたら非常に面倒な手続きと時間を要する。固定電話と携帯電話の例を出すまでもなく、同等の性能(速度)が確保できるのであれば、有線(ヤイヤード)回線は無線(ワイヤレス)回線には到底かなわない。

もちろん、光ファイバーは光多重の技術の進歩でさらなる高速化や超低遅延を実現するのだが、使用目的によっては5Gで十分というケースも非常に多い。8Kを超えるような巨大なデータをVRや立体映像的なもので有線回線が必要とされることはあり得るが、当面は5G CPEのニーズは潜在的かなり高いと見るべきだ。これによって有線接続しているケーブルテレビはかなりの打撃を受けることになるが、これは彼らが使うケーブルが自前の同軸ケーブルからNTTなどの光ファイバーを利用する話と同じで、状況次第で5G CPEをSTBに接続すれば良いので100%悲観する必要もない。

今回のドコモのHome 5Gは、接続できる基地局が自宅(登録地)の近隣に限定されるようなので、モバイルルーターのようなモビリティー性はない。ハンドオーバーが必要なければ移動できるようにしても技術的には良いのだが、ビジネス的な理由によるものだろう。

一足飛びに5G CPEが普及するわけでもないが、基地局が家の中までそれなりに5Gの電波がそれなりに到達できるまでの間、そしてそれはやはりそれなりに長い時間を要するのでそれまでの間、工事不要というメリットを最大限活かしてくるに違いない。今のスマホで実現できていることは5G課したからと言って劇的に利便性が改善するわけでもない。しかし3Gから4Gのときもそうであったように、5Gのメリットを生かした利用法が現れると考えるのが自然である。そしてその時のスマホは、今のようなものではない可能性が高い。5G CPEも含めた5G普及シナリオはこちらの記事が非常に参考になる。