JR新宿駅の大型LEDビジョン「新宿ウォール456」が稼働開始

Digital Signage /

JR新宿駅(東京)の東西自由通路に設置された大型LEDビジョン「新宿ウォール456(ヨンゴーロク)」が、2021年5月10日から稼働を開始した。LEDビジョンの大きさは高さ1.7m、長さ45.6mと横に長い。媒体資料では解像度は公開されていないが、16:9映像を横に15面ならべた形になる。ドットピッチは、媒体資料によると1.58mmと高精細で、ビジョンのすぐ近くまで寄って眺めてもドットの粗さ出るようなことはない。

通行人がすぐそばを歩く壁面に設置された横長LEDビジョンで、東急渋谷駅の「ビッグサイネージプレミアム」に近い設置方法だ。しかし、新宿東西自由通路のほうが通路幅が広く、多くの人はビジョンから少し離れて歩くのと、コロナ禍で人通りが少なくてLEDビジョン全体を俯瞰できることもあり、ビジョンを見た印象は少々異なる。渋谷駅のスクリーンが長さ24メートルに対し、新宿駅は45.6メートルと2倍近い長さがあるのだが、視認距離が極めて近い渋谷のほうが、映像の視認性は低いものの、LEDビジョン単体としてはインパクトがある。

ただ、新宿ウォール456は、エリア内の光柱や間接照明、LEDビジョンの向かい側に設置されたJ・ADビジョン(70インチ 25面)と連動できるほか、自由通路両サイドに設置された合計16個のスピーカーを使って音声も流せる。これらを活用して地下通路全体をジャックした空間演出を行えば、大きなインパクトが与えられる。毎時0分と30分に6分間放映される空間演出コンテンツで、それを体験できる。

天井を照らす間接照明や光柱も連動した空間演出の様子。
天井を照らす間接照明や光柱も連動した空間演出の様子。
空間演出の様子
広告素材放映時でもJ・ADビジョンと新宿ウォール456(画面奥のLEDビジョン)は連動する
空間演出時。天井を照らす間接照明も映像素材に合わせて色が変わっている。
空間演出時。天井を照らす間接照明も映像素材に合わせて色が変わっている。
空間演出時には、LEDビジョンの対面にあるJ・アドビジョンと光柱も映像表現を行う。
空間演出時には、LEDビジョンの対面にあるJ・アドビジョンと光柱も映像表現を行う。
LEDビジョンの上部に設置されたスピーカー。
LEDビジョンの上部に設置されたスピーカー。
スピーカーはJ・ADビジョン(液晶モニター)側にも設置され、通路全体が音に囲まれる。
スピーカーはJ・ADビジョン(液晶モニター)側にも設置され、通路全体が音に囲まれる。
間接照明のうえ2箇所に、SIM内蔵カメラが設置されていた。通路全体を撮影していたので、空間演出の稼働状況を確認するためだろうか。
間接照明のうえ2箇所に、SIM内蔵カメラが設置されていた。通路全体を撮影していたので、空間演出の稼働状況を確認するためだろうか。
LEDビジョンの上部には、ところどころ凹み箇所がある。これは防煙垂壁用のスペースを確保するためと思われる。
LEDビジョンの上部には、ところどころ凹み箇所がある。これは防煙垂壁用のスペースを確保するためと思われる。
空間演出は時間や季節で変化するようだ(2020年12月16日JR東日本ニュースから)
空間演出は時間や季節で変化するようだ(2020年12月16日JR東日本ニュースから)