Kura creates a smarter dining experience with Coral

Clipping /

A unit for each restaurant table combines a camera, a Coral USB Accelerator, and a Raspberry Pi processor to detect when a diner picks up a plate. A QR code on each plate lets the system register the item on the plate along with its expiration time. In the kitchen, chefs get a running tally of dishes selected by diners and those still circulating. The system maintains a database of menu items and specific plates in Google Cloud.

Coral

レストランの各テーブルに設置されたユニットは、カメラ、Coral USB Accelerator、Raspberry Piプロセッサを組み合わせて、お客さまがお皿を手に取ったことを検知します。お皿にはQRコードが付いており、お皿に乗っている商品とその賞味期限をシステムに登録します。厨房では、お客さまが選んだ料理と、まだ残っている料理をシェフが集計します。システムは、メニューと特定の皿のデータベースをGoogle Cloudに保持しています。