【DSJ2021】Vol.06 OOHオーディエンスメジャメントに関する詳しいプレゼンテーション

Digital Signage /

デジタルサイネージコンソーシアム(DSC)が3月1日に公開した、OOHオーディエンスメジャメントガイドラインに関しての詳しいプレゼンテーションがDSJ2021で開催された。登壇したのはDSCの理事で、株式会社LIVE BOARDの神内一郎氏が担当した。5月11日までの公開(視聴には登録が必要)であるが、同様の内容を5月11日にDSCの定例会で改めて行う共に、そちらはDSCのWEBで一般公開をする予定である。

オーディエンスメジャメントガイドラインは、グローバル標準に基づくOOHメディアの取引指標(メディアカレンシー)策定の手順を規定したもので、OOH媒体間はもちろんのこと他の媒体との比較も可能な指標を実現するためのフレームワークを提供するものである。ガイドラインはどうしても硬い文書になってしまうので、今回のプレゼンテーションは図表や写真を多く用いて、要点を極めてわかりやすく解説する内容になっている。ガイドラインは読み物としては正直楽しくないが、このプレゼンは極めて有益な必聴版である。