「狙い撃ち」より「エンタメ」が効く!?店舗サイネージ広告の本当の効果

Clipping /

業界に先駆けてデジタル活用を推進しているトライアルカンパニー(福岡市東区)は、サイネージ広告の配信にも18年8月から本格的に取り組んでいるが、同社グループで技術開発を主導するRetail AIの永田洋幸最高経営責任者(CEO)は「(デジタルを活用した最適な配信方法は)まだ試行錯誤を続けている段階」と明かす。むしろ現段階で最も商品販売の押し上げ効果があると見られる配信方法は、店舗内のすべてのサイネージで同時に同じ広告を配信する方法だという。単純にエンタメ性の高い施策の方が効果を発揮しているというわけだ。

ニュースイッチ