車窓サイネージCanvasはビークルスクリーンの未来になるか

Digital Signage /

タクシー配車アプリを運営するS.RIDE社と、メディア事業を展開するニューステクノロジー社は、タクシーの窓をプロジェクターを使って広告媒体化する車窓サイネージ「Canvas」(キャンバス)を2021年6月に開始すると発表した。

タクシー後部座席の左側(歩道側)の窓にAGC製の透明スクリーン「グラシーン」を設置し、車内天井のプロジェクターから映像を投影することで、車窓に映像が表示される。映像は車両外に向けて表示されるもので、乗客がいない空車時のみ、歩行者に向けてカラー映像を表示する。技術的には動画も放映できるが、道交法で禁止されているために静止画での放映になる。

東京都23区を走行する国際自動車と大和自動車交通のタクシー100台で運用を開始する。100台が1か月間走行した場合、リーチ数は最大600万人と想定しており、両社は売上を1週間当たり500万円を見込んでいる。売上はS.RIDE社とニューステクノロジー社、それから機材を搭載したタクシー会社の3社で分配する。Canvasの機材は既存車両に取り付けられるようになっており、今後2022年までに車両数を1,000台へ拡大するとともに、提供エリアを横浜や名古屋などに拡大する意向だ。

両社はタクシー車内のディスプレイに広告を配信する「GROWTH」を運営しているが、タクシーの1日の平均走行時間870分のうち、乗客が乗車しているのは約半分の446分だけで、GROWTHはこの時間しか稼働していない。残りの空車時間424分をマネタイズするため、歩行者をターゲットとした媒体を開発した。

GROWTHなどのタクシー車内広告は、乗客の特性から経営者や管理職にリーチできる点や、OOHとしては珍しく正確にリーチ数を計測できる点を評価され、ここ数年で急激に成長した媒体だ。しかし車窓を使うCanvasは、視認者は乗客ではなく歩行者のために視認者のターゲティングが緩くなるうえ、接触態度も大きく異る。さらには600万人へのリーチを謳うものの、その根拠は曖昧だ。同じタクシー広告だが、車内サイネージのGROWTHと車窓サイネージCanvasはまったくの別物であり、異なる未来像を描かなければならない。実際にニューステクノロジー社では、車両の位置情報を活用し、走行位置や時間を指定できる広告商品を開発予定と発表するなど、新たな取り組みに意欲を見せている。技術を使ってどのような価値を創造し、広告主からの納得を得るのか、興味深いOOHだ。

さらに長期の視点でみると、自動運転が普及するであろう未来のモビリティー社会におけるサービスの未来像を想像するうえでも興味深い。都市部のタクシーは、街中を常時複数の車両が走行してモビリティーサービスを提供しているが、これはトヨタが自動運転車のe-Paletteで実現しようとしているジャスト・イン・タイムなモビリティーサービスの一部を人力で実現しているともいえる。そのような都市型タクシーに実装される機能やサービスは、自動運転によって実現される新モビリティー社会にも組み込まれていく可能性が高い。そのような視点でもこのサービスは注目に値する。

ただ筆者は、東京都心部という広いエリアにたった100台を走らせる初期の展開計画をもったいないと感じる。新宿や渋谷の街中を走行する何百台もの車列のなかにCanvas搭載車両が数台走っていたとしても、紛れてしまう気がしてならない。それよりも、たとえば「ロータリーで客待ちしている10台のタクシーすべてがCanvas搭載。しかも、10台のスクリーンを1キャンバスとした映像表現」としたほうが広告としてもインパクトがあり、自動運転ビークルの窓がスクリーン化する未来を想像するうえで貴重なインスプレーションを与えてくれるのではないか。まずは東京23区でリーチを取りに行ったのだとは思うが、ドミナント戦略での展開のほうが、おもしろい風景が描けたのではないだろうか。

追記 実車体験を追記した。