自動で最適な販促動画を配信するサービスが登場

Digital Signage /

株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩)は、スーパーマーケットの商品棚を活用した新しい販促サービス 「楽ラク!デジボード 定番長」β版の提供を2021年4月より開始する。

定番棚の上部に横長のモニター(729mm×170mm)をデジタルボード(以下デジボード)として設置し、各店舗の時間帯ごとに来店される顧客の好みに合わせた商品紹介などの動画が流れるように自動で配信設定をする。

このシステムを導入することで、販促施策における人手不足を解消するとともに、顧客側も簡単に欲しい商品や、おすすめの商品が分かるようになる。

 「楽ラク!デジボード 定番長」の3つの特徴
来店する顧客の好みに合わせた動画を自動で配信設定
インテージ独自の技術「Genometrics®(ゲノメトリクス)」でID-POSデータを解析し、各店舗の顧客の買い物傾向を10タイプに分類する。各時間帯に来店する顧客の買い物傾向に合わせて、どの動画を配信するかを自動でプログラムする。定番棚で顧客と商品との新しい出会いを提供したり、キャンペーン情報を伝えることで、買い物をより楽しく、便利にすることができる。

Genometricsのデータ分析の動画を参考にアップしておく。

自社サービスのお知らせや、オリジナル商品、バイヤー推奨品などを紹介する動画を流すこともできるため、「自社らしさ」のある定番棚を表現することも可能だ。

定番商品の売上向上に貢献
これまでの実証実験では、対象商品の売上前年比が最大で16%向上した。特に単品で完結するものよりも、他の食材も必要になるような食品カテゴリー(鍋つゆ、カレー・シチュールウ、ドレッシングなど) で高い効果が出ることが分かっており、買い上げ点数の向上も期待できる。

店舗や本部での運用は不要。導入費用も無料
スーパーマーケットと取引のあるメーカーが配信する動画や条件を事前に登録し、店舗に設置したデジボードへの配信はシステムが行う。そのため、店舗や本部での設定は一切不要となる。

スーパーマーケットの定番棚への設置・導入費用は無料で、運用にかかるのは電気代・通信費のみだ。メーカーは他の販促施策と同等またはそれ以下のコストで、定番棚での販促施策を行うことができる。取引メーカーが支払う利用料金の一部はスーパーマーケットへフィードバックされる。

「楽ラク!デジボード 定番長」の導入で、実際に買上点数がアップし、売上に効果があったとのことだが、導入した店舗の取材をしてみたい。