Pinterestの成長が止まらない!

Media /

日本では今一つ話題にならない、デジタル画像検索サイトのPinterestが急成長している。アメリカだけでなく、海外のユーザーが増加し、業績に寄与している。ユーザーのPinterestへのエンゲージメントも高まる中、ピン型の広告を出稿するクライアントの増加が顕著になってきている。

2020年のQ4のMAU(月間アクティブユーザー数)は、前年同期比37%増の4.59億に達している。昨年のQ4から76.4%増収し、収益は7億560万ドルになった。

CEOのBen Silbermannは今後、刺激的で購買意欲をそそるコンテンツを増やし、クライアントをサポートするプラットフォームを実現するという。

As we look to the future, our focus will continue to be delivering more inspiring and shoppable content and helping advertisers realize the value and positivity of our platform,

Ben Silbermann

Pinterstのユーザーは、実際に購買をするために、写真や動画を収集して「ピン」する傾向が強い。新たな購買行動が生まれるようになっている。この点がクライアントからも評価され、新たな購買体験ができるビジュアルプラットフォームになりつつある。

Pinterstは動画に長期的な投資を行ってきたが、その効果が現れ、動画の閲覧数とアップロード数が大幅に増加している。

海外では新たなサービスの「Story Pins(ストーリーピン)」が話題になっている。最大 20 ページの動画、画像やテキストをまとめることができる。

ステップに分かれた動画、ナレーション、画像、テキストオーバーレイで、躍動感のあるビジュアル主導のストーリーを伝える方法を提供する。ストーリーピンならアイデアとクリエイティビティをそのまま Pinterest で手軽に公開でき、ウェブサイトを経由する必要がなく、ユーザーの離脱を防げる。

32万人以上のフォロワーがいるCamille Stylesは、「レモンリコッタケーキ」の作り方をストーリにしている。魅力的な画像と動画でわかりやすくレシピを伝えることで、ファンを増やしている。

Jazmin Fordはフルレッグワークアウトというフィットネスのコンテンツを通じて、オーディエンスを拡大させている。
 
 
 
ストーリーピンは後で見るためにボードへ保存できるので、長期にわたってユーザーに発見してもらえる。また、ホームフィード、検索結果、ピックアップタブなどさまざまなエリアに拡散されるため、新しいアイデアをそれに関連する興味や好みを持つユーザーとマッチさせるというビジュアル探索エンジンの利点をフルに活用できる。 
 
実際、多くのユーザーが商品やサービスを買う前にPinterestを訪問し、写真や動画から購入の比較見当をしていると言う。企業にとっては、生活者が購入の意思決定をする前に、消費者にリーチできると言うメリットが得られる。動画とテキスト付き画像のストーリーピンは、今後YouTuubeの脅威になるかもしれない。
 
コロナ禍の中、グローバルで業績を伸ばしているPinterest。日本のクリエイターやクライアントもこのメディアを活用することで、新規顧客を獲得したり、既存顧客のエンゲージメントを高められそうだ。動画と画像によって、CXを変えることで、グローバルで顧客を獲得できる可能性がある。