オフィスの会議室難民を解決する「One-Bo(ワンボ)」

IoT /

街中や駅ナカで、ボックス型の執務用のブースを見ることが増えてきた。ウイズコロナのニューノーマルの時代に、私たちはオンラインで会議をすることが当たり前になり、Zoom用のパーソナルスペースが必要になっている。オンライン会議を静かな場所で行いたいと考えるのは当たり前で、最近はオフィス内でも、会議室の奪い合いが起きているという。

その課題に目をつけたのが、Zoomの日本法人である ZVC Japan 株式会社とプラザクリエイト本社だ。2社はそれを解決するための、オフィス向け個室ボックスOne-Bo(ワンボ)」を共同企画した。今回、One-Boの販売だけでなく、ZVCジャパンとのタイアップで、Zoomの有料版のライセンスと合わせて販売するプランも用意した。

「One-Bo」は、Zoom利用に最適な空間をデザインしたモデルとなっており、周囲の環境に関わらずオンライン会議に集中できる状態を作り上げている。ブース内にはデスク、LED照明、電源コンセント、USBポート、換気ファンなどを備えられ、快適にオンライン会議を行える。扉にはスマートガラスを採用し、室内のスイッチを押すと、ガラスが一部不透明になり、外から室内を覗けなくなっており、利用者はオンライン会議に集中できる。

社員が会議室難民になり、カフェや公共の場などでリモートワークをすることは、企業にとっては情報漏洩のリスクを高めてしまう。「One-Bo」はこの問題も解決してくれる。会議室を設置するのはコストがかかるが、「One-Bo」は手軽に導入でき、スペースの有効活用にもつながる。

オンライン会議が急激に普及し、定着しつつある今、プラザクリエイト本社ではOne-Boを通じて、様々な解決したいと考えている。今後、同社はコンサルティング、戦略設計、ブランディング、PR・プロモーションをワンストップで行う株式会社Birdmanとの共同企画によって、ブレインストーミング会議のオンライン上での実現を目指すという。

今後、プラザクリエイト本社では、オフィスのみならず、駅やカフェ、公共施設などへも「One-Bo」の導入を図るという。