エレベータなど向けのタッチレスの物理ボタンは結局こういうことなのか

IoT /

タッチレスというのは一つのキーワードになりつつある。手指を介しての感染を避けるという点で、注目が集まっている。そんななかで、エレベータの行先階ボタンをタッチレス化できるボタンが登場した。

STUCK Design Pte LtdのKinetic Touchlessである。

ご覧の通りで、センサーで指を検出し、タッチすること無くボタンが押し込まれるというもの。こうした相談は実際に何回か受けたことがある。既存のエレバーターで行き先階をタッチレスで確定させるのは案外難しい。

音声認識という手もあるが、声を発する必要があるし、狭いエレベータかご内で音声を正確に認識するのは簡単ではないのだ。新規のエレベーターであればボタンのデザインや位置などを根本から見直すという手もなくはないと思うが、大部分の課題は既存のエレバーターをいかにしてタッチレス化するかである。

既存の行き先階ボタンの位置や大きさを残しながら、指の位置を特定してタッチと同じように接点を接続させるというのは、赤外線センサーを使ってできなくはないが、既存のボタン周辺に新たにセンサー類を取り付ける必要があり、施工的にも美観的にも課題が多いのだ。

結局今回の製品のようなものにたどり着いたのだろう。はたしてこれを既存のボタンを簡単に交換できるものなのか、奥行きが必要なのではないかと心配になってしまうがどうだろう。

だったら今でも多くの人がそうしているが、既存の行き先階ボタンを指以外のもので押せば良いのではないかという、元も子もない話に着地してしまうのではないかと感じている。結局諦めも肝心ということのような気がする。