DOOH glossary paves way for industry-wide advertising standards

Clipping /

The DOOH glossary marks the first time that the DOOH industry has come together to agree on a set of shared terms across multiple areas, including measurement, programmatic and targeting. It follows significant growth within the DOOH industry over the past few years, with the sector now evolved to a point where ads are increasingly bought programmatically. 
While the glossary currently only applies at a UK level, the aim is to drive adoption globally and use this as a base to develop a set of cross-industry standards. 
As Tina Lakhani, IAB UK’s Head of Ad Tech, says: “Agreeing on a core set of technical terms not only makes the industry more accessible to advertisers, it is also key to greater transparency and sustainability for this burgeoning sector.”
Tim Lumb, Director of Outsmart, agrees: “Language and definitions are foundational for media accountability, and as DOOH continues to grow both in stature and capability – offering 60+% weekly reach of the population with fantastic targeting and creative dynamism – it makes perfect sense for IAB UK and Outsmart to collaborate and deliver standardisation for clients.”
Robert Ray, CEO of Route, added: “Route is unique amongst audience currencies because it measures viewed impacts for advertising, rather than OTS or impressions. The new DOOH glossary preserves this important distinction, which is vital for the continued transparency and accountability of the medium.”

iab.uk

DOOH用語集は、DOOH業界が初めて、測定、プログラマティック、ターゲティングを含む複数の分野で共有されている用語セットに合意したものです。この用語集は、過去数年間のDOOH業界の大幅な成長を受けて作成されたもので、この業界は現在、広告がプログラマティックに購入されることが多くなっている点で進化しています。 
用語集は現在英国レベルでのみ適用されていますが、世界的な採用を促進し、これをベースに業界横断的な標準セットを開発することを目的としています。 
IAB UKのアドテック部門の責任者であるティナ・ラカニ氏は次のように述べています。「技術用語のコアセットに合意することで、業界が広告主にとってより利用しやすくなるだけでなく、この急成長しているセクターの透明性と持続可能性を高める鍵となります」。
Outsmartのディレクター、ティム・ラムは、同意します。”言語と定義はメディアの説明責任を果たすための基本であり、DOOHはその規模と能力の両方で成長を続けており、素晴らしいターゲティングとクリエイティブのダイナミズムで人口の週60%以上のリーチを提供しています。
RouteのCEOであるロバート・レイは、次のように付け加えています。「Routeは、OTSやインプレッションではなく、広告の視聴インパクトを測定しているため、視聴者通貨の中でもユニークな存在です。新しいDOOH用語集は、この重要な区別を維持しており、メディアの継続的な透明性と説明責任にとって不可欠です。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。