Isa KARAKUSによるPixabayからの画像

喫煙所は単にたばこを吸う場所から別の付加価値を持った施設に発展する予感

AI/Digital Signage/IoT /

六本木にデジタルサイネージ(電子看板)付きの屋外喫煙所がオープン。新型コロナ禍では、画面を見る=同じ方向を見る、ということで向かい合っての飛沫感染が防止できるだけでなく、画面を見ることで喫煙しながらの会話を抑制する効果もあった。そしてそこに流れる広告等は企業にとっては一つのビジネスチャンスともなっていた。

 その他にもゲートシティ大崎などでは、スマホから喫煙所の待ちの行列を確認することができるシステムを導入し、行列での密の回避と、喫煙者の待ち時間のロスの解消も行っている。

TOKYO HEADLINE WEB

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。