プログラマティックDOOHがオムニチャネル・マーケターのパフォーマンス成果をどのように牽引しているか

Digital Signage /

先日オンライン開催されたDPAA(Digital Place Based Advertising Association)のDPAA SUMMIT 2020の中から、もう一つ興味深いセッションを紹介しておく。セッションに視聴には上記のリンクから登録が必要である。

「How Programmatic DOOH is Driving Performance Results for Omnichannel Marketers」 プログラマティックDOOHがオムニチャネル・マーケターのパフォーマンス成果をどのように牽引しているか、というセッションだ。登壇者は次の3名だ。

Jonathan Gudai, CEO – Adomni
Fletcher Whitwell, Chief Media & Publishing Officer – R&R Partners
Kris Cichoski, Corporate Director of Content Publishing Strategy – R&R Partners

プログラマティックDOOHプラットフォーム事業者であるADOMNIのスポンサードセッションのようだが、宣伝色は無いのでおすすめである。OTTメディアからWEB、さらにOMOといったメディアにおけるカスタマージャーニーの視点から、プログラマティックDOOHのこれからについて解説をしている。さほど専門的ではない概観的な話ではあるが、日本(語)ではこういったものは殆ど見かけないので参考になる。ADOMNIはUber OOHのシステムの運用を行っている事業者である。