スマホのウイルス対策が可能なLED除菌スティックが新発売

IoT /

日本でも新型コロナウイルスが再び感染拡大する中、私たちは感染症対策を引き続き行う必要がある。日本能率協会総合研究所の調査によると、感染症予防対策の意識は春先より低下していると言う。

全体的な低下傾向に反して、意識高く感染症予防の対策が十分にできている人は、低い人と比べて健康状態が良好であり、新しい健康的な生活様式を実践できていることが示された。この結果からウイルス対策を怠らないことが重要であることがわかる。

マスクや手洗いうがいの継続は当然だが、日常的に使用するスマホなどにもウイルスが付着する可能性があるが、デバイスの除菌対策を行える新製品が11月24日にリリースされた。

流通・サービス店舗に特化したアウトソーシング事業を展開するインパクトホールディングス株式会社の子会社で、デジタルサイネージを中心とした店頭販促トータルソリューションの提供を行なっている株式会社impactTV(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:川村雄二)は、ウィズコロナの新しい日常に向けて 「遠紫外線」 を使用したLED除菌スティックを開発した。

このLED除菌スティックは、除菌したい対象物に向けて2~3cmの距離からLED 「遠紫外線(UVC波長260-280nm)ランプ」 を照射することで除菌を行う。
LED除菌スティックは約200gと言う軽さを実現したため、持ち運びも可能だ。繰り返し使える充電式で、最大99.9%の除菌が可能とのこと。

水洗いや薬剤を使用できないスマートフォンやキーボードなど身の回りのアイテムに対して、いつでもどこでも気になる時に非接触でサッと除菌できるのが嬉しい。

◆ LED除菌スティックの主な特徴

遠紫外線(LEDUVC波長260-280nm)使用で十分に照射した場合の除菌率は99.9%
除菌したい対象物との距離を2〜3cmに保ったまま約30秒間ゆっくりと前後に動かすことで非接触除菌
UVCランプを上に向けるとランプが消灯(安全保持機能)
USB充電式。4時間充電した場合、約90分コードレスで使用可能
軽量でコンパクトなので外出先に携帯でき便利
※ 人やペットなどの動物には使用不可

◆ LED除菌スティックの仕様、価格

品名:LED除菌スティック
製品素材:ABS
型番:HK-015
定格入力:DC5V = 1A
バッテリー容量:2,000mAH
LEDUVCランプビーズ:16
製品サイズ:236×48×40mm
重量:約200g
LEDUVC波長:260-280nm
電源ポート:マイクロUSB
ランプ寿命:約1,000時間
使用温度:0~40℃
保管温度:-20~55℃
※本製品は同社のAmazon直営サイトで100台の限定販売するとのこと。

感染対策を怠らないようにしたいと言う生活者や企業の課題を発見すれば、まだまだ新たなマーケットを作れるはずだ。コロナウイルスの収束が遠のく中で、アイデアを素早く製品化することが企業には求められている。まず少量でもアイデアを形にし、マーケットで発売するという同社の姿勢を評価したい。