ネックバンド型のウエアラブル360度カメラ FITT360

IoT /

ライブ中継に利用できそうな新しいカメラを紹介してみたい。LINKFLOW社のFITT360である。同社はSamsungの社内アクセララータープログラムのC-Labの中で最も有望なプロジェクトとしてスタートした。その後Samsungからスピンオフして独立した会社である。製品紹介のビデオはこちら。

ではFITT360の特徴を見ていこう。

360度映像
360度撮影が可能なカメラのほとんどは、カメラを手に持って撮影する。そうすすると撮影者が写り込んでしまったり、片手を専有されるので行動に制約が出る。FITT360はこの点では微妙だ。公開されているサンプル動画をキャプチャーしたのがこちらの写真。360度の中にこうしたバレものが出てしまう。

これは頭部の髪の毛がバレている
こちらはバイクで撮影しているのだが、バレているのはヘルメットと思われる

3台のカメラを内蔵したネックバンドを首にかけて使用する。3台のカメラで360度をカバーしていてブレンディングしているようだ。

ハンズフリー
首掛け型なので両手が自由に使える。バイクや自転車を始めとするシーンや作業をしているようなときにはハンズフリーは欠かせない。

ライブ配信可能(制約有り?)
スマホと接続することで、スマホを介してライブ配信ができる。どのプラットフォームに配信できるかははっきりとは示されていない。

動きが少ないネックに固定
ネックバンドの前後と後ろにカメラが取り付けられている。たしかに首は動きが少ない部位だと思うが、逆に言えばそれは思った位置にカメラを向けられないということになる。360度を全部カバーしているからカメラを向ける必要はないということだろうが、そうすると送りたい場所、見たい場所は視聴者側で選択をすることになる。

ライブビュー的な送り出している内容の確認はスマホアプリ上でできるようだが、今度はスマホを手で保つ必要があるのでハンズフリーではなくなってしまう。

テレビ電話的に会話をしながら中継を行うという場合には、イヤホンを接続することはできる。マイクは内蔵しているが、仕様の書き方が曖昧なのでわかりにくく、ヘッドセットを使えるかはっきりしない。BluetoothとWiFiのインターフェイスがあるので、スマホアプリに対してはWiFiで接続すると思われる。

利用シーンによってはこれで問題ない場面もたくさんあるだろう。どちらかと言うとこうしたスマホに対しての外付けカメラという位置づけになるものは、ライブ配信には向いておらず、あくまでも撮影収録をメインとすることになると思われる。

FITT360はクラウドファンディングのMakuakeで57,800円だ。