来店者属性によってAIが店舗のBGMを最適化する「USEN IoT PLATFORM」

AI /

USEN-NEXT GROUPの株式会社 USENは、「IoTで店舗経営をスマート化するワンストップ・ソシューション」をビジョンに、これまでの音楽配信の「有線」から、音楽配信を含む店舗の業務機器が「無線」でつながり「IoT」でリアルタイム遠隔制御を行う店舗支援へパラダイムシフトした「USEN IoT PLATFORM」の提供を開始した。

飲食店などの店舗は、業務用Wi-Fiの『U AIR』、AI BGMの『U MUSIC』、来店客属性分析ができるAIカメラ『U EYES』を無線通信と業務機器をIoT化した最新テクノロジーをもとに、ワンストップで利用できる。

業務用Wi-Fi U AIRは、従来のような回線工事が不要で、コンセントに挿すだけで、すぐにインターネットとWi-Fi が利用できる。POS レジや電子決済等の業務用通信にも使える。

AI BGMのU MUSICは、申し込み時に入力した店舗情報をもとにプログラムやAIチャンネルを自動作成する。店舗の空間を彩る1,000ch以上のプロユース向けBGMチャンネルと、店内オペレーションの課題を音で解決してくれるアナウンスも標準搭載している。季節や時間帯、天気などの情報からAIが店舗の演出に合わせたBGMを自動で編成できるのが特徴だ。

来店客属性分析ができるAIカメラのU EYESは、店舗運営に欠かせないIPカメラと、来店客属性分析ができるAIカメラユニットだ。IPカメラは、店内のタブレットからの閲覧だけでなく、スマホ専用アプリで外出先からの閲覧もできる。

顔認識エンジンを搭載したAIユニットでは、来店客の人数、男女、年齢、再来店等の属性分析を自動集計し、付属のタブレットのBIダッシボードで確認できる。U MUSICとの連携によって、その場の来店客に合わせてプレイリストの変更が可能となる。例えば、20代が来店した際には、20代が喜ぶプレイリストに変更できる。

店舗は高精度AIセンサーで来店客を集計して属性を分析できる。顔認証エンジンを搭載したAIベースユニットで即時分析された情報を、レポーティングで見やすいビジュアルに自動変換し、専用タブレットで確認可能だ。

「USEN IoT PLATFORM」では、無線通信下でもIoTデバイスのリアルタイム遠隔制御が可能なLwM2M (Lightweight M2M)の技術をベースにした「IoTデバイス管理システム」を採用している。これにより、店舗は24時間365日での死活監視と遠隔保守サービスを標準で受けられる。この管理システムにより、万が一の不具合発生時には、速やかに遠隔からの再起動による復旧が可能となるだけでなく、各デバイスの遠隔での設定同期が可能となる。

AIカメラが顧客を分析し、来店した顧客にフィットしたBGMを流すことで、店舗は新たな顧客体験を提供できる。USENは店舗のデジタル化をAIと音楽で進めようとしている。コンセプト動画でUSENが提供しようとしている新たな世界を体験してもらいたい。